ここから本文です

トルドー首相、今度は「黒塗り」動画浮上 再び謝罪

9/20(金) 15:43配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【9月20日 AFP】カナダのジャスティン・トルドー(Justin Trudeau)首相(47)が、顔を黒く塗る「ブラックフェース」のメークをした姿を捉えた新たな動画が19日、同国のテレビ局により放送された。来月の総選挙で続投を目指すトルドー氏の道のりがさらに厳しくなった。

 カナダのテレビ局グローバル・ニュース(Global News)が公開した動画では、破れたジーンズとTシャツを着て両腕を上げるトルドー氏が映っている。トルドー氏の選挙陣営はAFPに対し、動画が「1990年代初め」に撮影されたトルドー氏本人のものと認めた。

 トルドー氏はこれに先立つ18日夜、「千夜一夜物語(アラビアンナイト、Arabian Nights)」をテーマにした18年前のパーティーで顔を茶色く塗るメークをした自身の写真が米誌タイム(Time)により報じられたことを受け、謝罪していた。

 トルドー氏はさらに、高校での演芸大会で、ハリー・ベラフォンテ(Harry Belafonte)さんの1956年のヒット曲「バナナ・ボート・ソング(デイ・オー)(Banana Boat Song (Day-O))」を歌った際にも、同様のメークをしていたことを認めている。

 トルドー氏は、自身の黒塗りメークを映した新たな動画が浮上したことを受け、マニトバ(Manitoba)州ウィニペグ(Winnipeg)で記者会見し、「これは完全に容認できない行為であることは認識している」と表明。多くの人が「肌の色や歴史、出自、言語や宗教を理由に」差別されていると語り、「特権を身にまとった私は、そのことが分からなかった。それに対し、深く謝罪する」と述べた。

 来月21日の総選挙に向け1週間前に始まった選挙戦では、トルドー氏率いる自由党がアンドリュー・シーア(Andrew Scheer)党首率いる野党・保守党と接戦を繰り広げており、トルドー氏の人種差別的なイメージは新たな打撃となる。

 映像前半は米誌タイムのツイッター(Twitter)の投稿、19日取得。後半は謝罪するトルドー氏、カナダの民放最大手CTVが19日撮影・提供。(c)AFPBB News

最終更新:9/20(金) 15:43
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事