ここから本文です

ヘアメークさん発!アラサー女子の最新三大アイメーク術【ナチュラル派編】

9/20(金) 10:30配信

magacol

2
次にBで先ほどパウダーで描いた部分の上に眉毛を1本1本描き足していきます。これでより自然な眉毛が完成します。

3
Aの左上のシルバーを下まぶたに薄くのせます。このとき、太くのせてしまうと肌がくすんで見えるので、注意して。

4
Dの右下の黄色をアイホールにのせ、さらに同じ色を目のキワにライン状に引きます。黒目の内側から目尻の外までON。

5
下まぶたの黒目の下にはDの左上の温かみのあるベージュをのせます。こうすることで、目の縦幅がぐんと大きく見えます。

6
次にEで下まぶたのキワ、黒目の下にラインを引きます。ここにグレーを忍ばせることで、目の印象が強くなります。

7
Fのビューラーでまつ毛を根元から立ち上げます。とくに目のフレームの中央がしっかりと立ち上がるようにして。

8
Gのマスカラベースを上下のまつ毛に塗布します。根元から毛先までにしっかりと塗り、毛並みを美しく整えます。

9
最後にHのマスカラを上下のまつ毛に塗ります。上まつ毛はさらりと、下まつ毛にはボリュームが出るように塗ること。

読者も目ヂカラメークに挑戦してみました

Before
ヘアメークさんが提案してくれた、最旬の目ヂカラメークに読者もさっそく挑戦しました!(石井里奈さん/通信関連会社勤務・29歳)

After
直線的な眉と立ち上がったまつ毛で顔立ちも彫り深に
スモーキーなイエローアイシャドウが気負わない雰囲気を後押し。その分、直線的で太めな眉としっかりと立ち上げたまつ毛で目に強さを。

教えてくれたのは…
川村友子さん
どこかに女らしさを残しつつ、素のままのような自然体メークが特徴。気張らない抜け感のある顔は「真似したい」と評判。


撮影/田形千紘〈人物〉、五十嵐 洋〈静物〉 モデル/加治ひとみ ヘアメーク/川村友子 スタイリング/中村真弓 取材/棚田トモコ

2/2ページ

最終更新:9/20(金) 14:10
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事