ここから本文です

さぬき市の3つの県立高校を統合・新高校設立へ 生徒数減少し「教育活動の実施が困難」 香川県教委

9/20(金) 20:26配信

KSB瀬戸内海放送

 少子化で生徒数が減少している、さぬき市の3つの県立高校を統合する方針を香川県教育委員会が発表しました。

(香川県教育委員会/工代祐司 教育長)
「さぬき市の石田高校、志度高校、津田高校の3校についてはこれらをさらに発展させるため統合し、新たな高校を設置したいと考えている」

 20日に開かれた香川県議会で、自民党香川県政会の代表質問に工代祐司教育長が答弁しました。

 東讃地域では、少子化の影響で中学校を卒業する生徒が県内の他の地域より急速に減少しています。

 香川県教委では「このままでは東讃地域の4つの県立高校の小規模化が避けられず、教育活動の実施が困難」として、さぬき市にある石田、志度、津田の3校を統合して新たな高校を設置する方針です。

 東かがわ市の三本松高校は、伝統を生かしながら地域のニーズにも対応した高校を目指します。
 統合の時期や新設する高校の建設場所はこれから決めたいとしています。

最終更新:9/20(金) 20:41
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事