ここから本文です

ノルウェーのワンダーボーイ、ハーランドにドルトムントが興味…市場価値は14億円

9/20(金) 13:10配信

GOAL

南野拓実の同僚

現在、売出し中のザルツブルクFWアーリング・ハーランドに、ドルトムントが興味を示しているようだ。ドイツ『90min』が報じた。

ハーランドは17日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節ヘンク戦で大活躍。前半45分間のうちにハットトリックを達成し、19歳58日で史上3番目に若いハットトリック達成者となった。試合も6-2と大勝を収め、ザルツブルクのCL初勝利に大きく貢献していた。

新たな逸材と騒がれるハーランドにドルトムントが興味。市場価値は1200万ユーロ(約14億3000万円)と伝えられ、ザルツブルクとの契約は2023年まで残す。現在のドルトムントはパコ・アルカセルが最前線に入っているものの、本職のバックアッパーは不在でストライカーの層には若干の問題を抱える。そのため、191センチと大型ストライカーの獲得に本腰を入れる可能性もありそうだ。

過去にもロベルト・レヴァンドフスキ(現バイエルン・ミュンヘン)やアレクサンデル・イサク(現レアル・ソシエダ)といったFWを主要リーグ以外から迎え入れてきたドルトムント。ハーランド獲得も決して可能性の低い話ではないだろう。

最終更新:9/20(金) 13:10
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事