ここから本文です

風間監督、キャリアは桐蔭横浜大からスタート 17年名古屋を昇格もJ1で結果出せず

9/20(金) 22:38配信

中日スポーツ

 名古屋グランパスに激震が走る。風間八宏監督(57)が解任されることが20日、決まった。Jリーグ関係者が明かした。21日に発表される見込み。

 1997年の現役引退後、風間監督は桐蔭横浜大で監督のキャリアをスタートさせた。2008年からは母校・筑波大を指揮。DF谷口彰悟、DF車屋紳太郎(ともに川崎)、FW赤崎秀平(名古屋)らを指導し、Jリーグへ輩出した。

 指導スタイルは「止める・蹴る・外す」など個の技術をもとにボールを保持し、1点でも多くの得点を目指す攻撃サッカー。2012年途中から川崎の監督へ就任。在任5年間で8位、3位、6位、6位、3位の好成績を収めた。

 川崎、名古屋の監督として挙げたJ1通算104勝(44分け75敗)は、史上7番目に多い。だが、カップ戦、天皇杯を含めタイトルには恵まれず。17年に当時J2の名古屋をリーグ最多得点で昇格させるも、J1では2年連続で残留争いに巻き込まれた。

最終更新:9/30(月) 0:19
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事