ここから本文です

米海軍が未確認飛行物体を「本物」認定し話題に、『月刊ムー』編集長の見解は?

9/20(金) 19:43配信

AbemaTIMES

 19日、Twitterで「未確認飛行物体の目撃報告」なるワードがトレンド入りし話題となっている。

 CNNによると、アメリカ海軍が撮影した未確認飛行物体について、アメリカ海軍が「本物」と認定。軍の機密指定が解除された映像の中で、2004年と2015年に撮影された映像に謎の物体が映り込んでいるという。

 その映像には、高性能赤外線センサーが捉えた謎の物体と、「すげえドローンだな」「何機もいるぜ。アナライザ見てみろよ」「なんてこった!風に向かって飛んでやがる!120ノットの西風だぜ!?」「回転してるぞ!」と興奮するパイロットの声も収録されている。

 なお、CNNに対しアメリカ海軍は「UFO(=未確認飛行物体)じゃなくて、UAP(=未確認航空現象)だ」と説明したということだ。

 この見解について、『月刊ムー』の三上丈晴編集長に聞いてみたところ、「一言でいうと『だまされねーぞ』ですね。うまくかわしたなっていう感じです」とUFO説を主張。また、UAPという説明に「UAPという表現で映像を本物と認めたが、『宇宙人が機体を操作していました』とかそんな公表の仕方はしないですよ」と懐疑的な見方を示した。
(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

最終更新:10/9(水) 10:57
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事