ここから本文です

稲葉陽八段、高見泰地七段下してベスト8 次局は広瀬章人竜王/将棋・棋王戦挑決T

9/20(金) 19:47配信

AbemaTIMES

 将棋の棋王戦挑戦者決定トーナメント3回戦が9月20日に行われ、稲葉陽八段(31)が高見泰地七段(26)を116手で下し、ベスト8入りした。

 同トーナメントは、ベスト4に入ると2敗失格システムとなり、敗れた棋士は敗者復活戦に回る。勝者組の優勝者は、挑戦者決定の二番勝負で1勝すれば挑戦権獲得。敗者復活戦の優勝者は、2連勝が必要だ。稲葉八段と高見七段の対戦は今回が2度目で、初対戦の際は、高見七段が勝利していた。

 相居飛車で進んだ対局は、稲葉八段が端攻めから局面を打開。同じ端から反撃を試みた高見七段の攻め筋をうまく消しつつ、うまく高見玉を寄せ切った。稲葉八段は次戦で、広瀬章人竜王(32)とベスト4入りをかけて戦う。

最終更新:9/20(金) 19:47
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事