ここから本文です

大型の台風17号 まもなく沖縄接近 明日には西日本で雨風強まる

9/20(金) 16:52配信

ウェザーニュース

 今日20日(金)15時現在、大型の台風17号は宮古島の南東にあり、ゆっくり北西に進んでいます。台風が接近中の沖縄では午前中から風が強まり、台風の外側の雨雲がかかり始めてきました。
 16時までに観測された最大瞬間風速は与論島や南大東、所野で27.3m/sとなど看板やトタン板が外れるレベルの強風になっています。

▼台風17号 9月20日(金)15時
 存在地域   宮古島の南東約270km
 大きさ階級  大型
 強さ階級   //
 移動     北西 ゆっくり
 中心気圧   985 hPa
 最大風速   25 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 35 m/s

沖縄本島に明日最接近、45m/sの突風のおそれ

 明日21日(土)は、台風が暴風域を伴って南西諸島に最接近する見込みです。
 中心付近より中心の東側で風が強く吹く恐れがあり、沖縄本島も朝から暴風が吹き荒れます。沖縄や奄美では瞬間的には45m/sの突風が予想され、屋外での行動は極めて危険なレベルです。
 大雨や暴風、高波に厳重に警戒し、台風が遠ざかるまで不要不急の外出はお控えください。

西日本では台風接近前から雨風強まる

 三連休中は西日本から北日本の広い範囲でも雨が降り、強い風も広い範囲で吹き荒れます。

 特に、西日本では台風接近前の今日20日(金)から断続的な雨となり、22日(日)から23日(月)にかけて大雨となるおそれがあります。台風の進路に近い九州北部では多いところで400mm前後の雨量が予想されており、大雨による災害に警戒が必要です。また、台風の進路から遠い西日本の太平洋側でも、南から吹き込む湿った空気の影響で、雨量が200mmを超えるおそれがあります。
 各地で低い土地の浸水や河川増水、土砂災害の発生などに十分警戒をしてください。

 また、風については台風の強風域が広いことから、広範囲で強風に対して注意が必要です。
 その中でも台風の進路に近い九州や日本海側を中心に30m/sを超える暴風となるおそれがあるので、飛ばされやすい物を片付けたり、家の窓を補強するなど、早めに暴風への対策も行ってください。

 関東では交通網がマヒするほどの強風ではないものの、9日に台風15号が直撃した千葉県ではブルーシートやがれきが飛散するリスクが高くなります。

北日本 低気圧に変わっても暴風に警戒

 23日(月)は台風17号が日本海で低気圧に変わる予想ですが、低気圧になったとしてもさらに発達し、風がより強まるおそれがあります。そのため北海道や東北の日本海側も暴風に警戒が必要です。農作物への被害も懸念されます。


 九州から北海道までの広い範囲で交通機関にも影響が出るおそれがあるので、今後の情報を確認して三連休の予定を調整するなど対応をご検討ください。

台風の名前

 台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

 台風17号の名前「ターファー(Tapah)」は、マレーシアが提案した名称で、ナマズ科の淡水魚の名前が由来です。

ウェザーニュース

最終更新:9/20(金) 16:52
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事