ここから本文です

ドラマイズム『左ききのエレン』石崎ひゅーい&中村ゆりか&今泉佑唯&吉村界人ら出演

9/20(金) 12:00配信

クランクイン!

 俳優の神尾楓珠と女優の池田エライザがダブル主演を務める、10月スタートのドラマイズム『左ききのエレン』(MBS/毎週日曜24時50分・TBS/毎週火曜25時28分)に、メインキャストとして石崎ひゅーい、中村ゆりか、今泉佑唯、吉村界人らが出演することが発表された。

【写真】『左ききのエレン』メインキャストフォトギャラリー


 原作は2016年3月から、クリエイターと読者をつなぐサイト・cakesにて連載がスタートし、cakesクリエイターコンテストで特選を受賞したかっぴーによる同名漫画。2017年10月からは、少年ジャンプ+にてリメイク版が発売された。広告代理店に勤務し、いつか“何者か”になることを夢見る凡人・朝倉光一(神尾)と、圧倒的な芸術的才能に恵まれながらも、天才ゆえの苦悩と孤独を抱える山岸エレン(池田)が、敗北や挫折を通して、その先に「本当の自分」を発見するまでをリアルに描き出す。

 解禁となったのは、主人公2人の周りを彩る8名のメインキャスト。光一が憧れる売れっ子クリエイターで、会社の上司・神谷雄介役に連ドラレギュラー初出演となる石崎、光一の同級生で、計算高いお嬢様・加藤さゆり役に中村、光一の後輩で愛嬌のあるコピーライター・三橋由利奈役を今泉が、光一が勤める広告代理店の営業職・流川俊役を吉村が演じる。

 さらに、光一の同期で流川の部下・朱音優子役に田中真琴、園宮製薬の社長令嬢・園宮千晶役に久保田紗友、圧倒的な集中力を武器に世界を席巻するカリスマファッションモデル・岸あかり役に八木アリサ、一切の妥協を許さず部下に厳しくあたる優秀なクリエイティブディレクター・柳一役に丸山智己が決定し、歌手、モデル、俳優などさまざまな分野で才能を発揮する面々が集結した。

 今作が初の連ドラレギュラー出演となる石崎は「神谷役はかなりできる男で、今までに僕が演じたことのない役柄なのでワクワクしているし挑戦だと思っています。何かを生みだそうと日々悩み戦っている方々に是非見て頂きたい作品です」とアピールし、中村は作品について「主人公が、仕事の働き方へのイメージに反し、仕事を始めてみると段々と自己主張ができなくなり、本当にこのまま人生を歩むのか、果たして勇気を持って行動に起こすのか。そんな彼の生き方について、深く考えさせられました」と感想を語っている。

 ドラマイズム『左ききのエレン』は、MBSにて10月20日より毎週日曜24時50分放送(初回は25時15分スタート)。TBSにて10月22日より毎週火曜25時28分放送。

最終更新:9/20(金) 12:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事