ここから本文です

ホンダ新型「フリード」どこが進化? ミニバンにSUVテイスト「クロスター」の注目ポイントとは

9/20(金) 10:00配信

くるまのニュース

ワイド感あるデザインに刷新&SUV風「クロスター」ってどんなモデル?

 ホンダは、人気ミニバンの「フリード/フリード+」を2019年10月18日にマイナーチェンジすることを発表しています。

さらにSUV風? アウドドア感満載のフリードや刷新されたポイントを見る!

 今回は、新たなSUV風の新グレードとして、「クロスター」を追加することを発表していますが、どのような部分が新しくなったのでしょうか。

 ミニバンは、国内市場において高い人気を誇るジャンルです。そしてフリードは、2019年上半期(1月から6月)の登録車販売台数ランキングにおいて、8位の4万5548台(前年比103.6%)と、軽自動車を除いたホンダ車のなかで一番売れているモデルです。

 今回のマイナーチェンジでは、標準モデルのフリード、フリード+のフロントグリルおよびバンパーや、内装デザインを改良。フェイスデザインは、従来モデルからワイド感あるデザインに変更しています。

 外装色は全タイプ共通として7色、フリード/フリード+専用に2色の全9色展開です。内装色は、フリード/フリード+専用にモカとブラックの2色とし、クロスターには専用のブラックを設定。

 また、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING (ホンダ センシング)」 を全モデルに標準装備。さらに、後方誤発進抑制機能を追加することで、安全性を向上。

 細かな制御では、下り坂などで滑らかな走りを可能にさせるため、ブレーキ操作の部分にステップアップ制御を採用したほか、パワーステアリングの制御を見直すことで、街中では爽快で高速走行時には安心感のあるフィーリングにしています。

 さらに、高速道路などで前走車に追従するアダプティブ・クルーズ・コントロールを改善することで、自動的に加速する際のフィーリングをさらにスムーズに適正化を図っています。

 クロスオーバースタイルの外観デザインが特長の新グレード「CROSSTAR(クロスター)」を追加。フロントバンパーガードやサイドスカートを装備することで、遊び心と力強さを表現。

 パワートレインは、全モデルでガソリン車(1.5リッターガソリンエンジン)・ハイブリッド車(1.5リッターガソリンエンジン+SPORT HYBRID i-DCD)を用意。軽量化や低排ガス性能改善などによって環境性能を向上させています。

 ラインナップは、フリード(3列シート車・6人乗り/7人乗り)、フリードクロスター(3列シート車・6人乗り)、フリード+(2列シート車・5人乗り)、フリード+クロスター(2列シート車・5人乗り)です。

 人気ミニバンのフリードについてホンダは、次のように説明しています。

「5ナンバー車ながら、居住性の良さや使い勝手を兼ね備えた『ちょうどいい』クルマとして幅広い層のお客様からご好評いただいており、ユーザー層としてはフリードが子育て世代が半数を占め、フリード+は独身ユーザーが約3割となっています。

 今回のマイナーチェンジでは、フリードの特徴である『親しみやすさ』はそのままに、より洗練されたデザインへ進化させました」

 また、従来モデルのフリードについて、ホンダの販売店は次のように話します。

「フリードは、5ナンバーサイズで使い勝手の良いミニバンとして人気のモデルです。そのなかで、3列シート車の『フリード』は家族や友人など多人数で出かける機会の多いユーザーに好評で、2列シート車の『フリード+』はアウトドアなど趣味の荷物が多いユーザーから支持を受けています。」

※ ※ ※
 
 フリードシリーズは、「ゆとりのある広い室内空間」や「取り回しのよいボディサイズ」などが好評のコンパクトミニバンです。

 ホンダ車のなかでは、軽自動車「N-BOX」、コンパクトカー「フィット」に続いて、売れ筋のモデルとなることから、今回のマイナーチェンジでさらなる飛躍が期待されています。

くるまのニュース編集部

最終更新:9/20(金) 13:40
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事