ここから本文です

マツダ新型「CX-30」登場で混乱増す!? デザイン激似な同社SUV群との違いとは

9/20(金) 11:30配信

くるまのニュース

新型CX-30登場! 同社SUVの違いはどこに?

 マツダは、新世代モデルの第二弾として、クロスオーバーSUVの「CX-30」を2019年9月20日から予約受注を開始し、同年10月24日に発売します。

違いが分からない? 「CX-3・CX-30・CX-5」を画像で比べてみる!(56枚)

 同社の国内ラインナップには、コンパクトSUV「CX-3」、ミドルサイズSUV「CX-5」、ラージサイズSUV「CX-8」がすでに設定されていますが、今回登場したCX-30はCX-3とCX-5の間に位置するモデルです。

 マツダがラインナップするSUVには、どのような違いがあるのでしょうか。

 いまのマツダ車は、すべて魂動デザインの考え方に基づいて開発されています(商用車とOEM車を除く)。メルセデス・ベンツやBMWと同様、デザインに統一性を持たせて、ブランドの価値を際立たせることが狙いです。

 2019年になって、マツダは車名を変更して、従来の「デミオ」が「マツダ2」、「アクセラ」は「マツダ3」、「アテンザ」は「マツダ6」になりました。

 車名にマツダというメーカー名を加えた狙いも、ブランドを目立たせることです。開発者は「これからはマツダ車を車種ではなく、メーカーで選んでいただきたいです」とコメントしました。「ベンツに乗りたい」と思うのと同様、「マツダに乗りたい」と思って欲しいわけです。

 この狙いを踏まえて、いまのマツダ車を改めて眺めると納得できるでしょう。すべての車種を魂動デザインで統一して、似通った外観に仕上げたのは「マツダに乗りたい」とブランドで選ばれるためでした。

 ただしこのようなデザインにすると、マツダの個性は際立ちますが、車種ごとの違いは分かりにくくなってしまいます。

 では、今回に発売された新型SUVのCX-30は、どのようなクルマなのでしょうか。マツダは以前からコンパクトなCX-3、ミドルサイズのCX-5、ラージサイズのCX-8という3車種のSUVを用意しているほか、CX-30という2ケタの数字が並ぶ車名なのも分かりにくい要素です。

 ボディの大きさを比べると、CX-30はCX-3とCX-5の間に位置します。全長は最も短いCX-3が4275mm、中間のCX-30が4395mm(+120mm)、CX-5は4545mm(+150mm)です。

 全幅も同様にCX-3が1765mm、CX-5とCX-8が1840mm(+45mm)なので、CX-30がCX-3とCX-5、CX-8の間に挟まれていることが分かります。

 ただし全高は違います。CX-3は1550mm、CX-30が1540mmですが、CX-5は1690mmだから100mm以上高く、CX-3とCX-30のメリットは、低重心で立体駐車場も使いやすいことです。

 CX-5は、室内高がCX-3やCX-30に比べて約60mm高く、最低地上高も30mmから50mmも上まわり、外観がSUVらしく立派に見えることもメリットといえることから、CX-3とCX-30は類似点が多いですが、CX-5は性格が異なります。

 CX-30のパワートレインやプラットフォームは、マツダ3をベースにしており、CX-3やCX-5に比べて世代が新しく、搭載するエンジンは、直列4気筒2リッターと1.8リッターディーゼルターボ、設計の新しいスカイアクティブXとなり、マツダ3と同じ設定です。

 ボディスタイルも同様で、すべての車種が魂動デザインに沿っていますが、マツダ3とCX-30は世代が新しく、フェンダーやドアパネルのラインが大胆で、風景がダイナミックに映り込みます。

 このようにCX-30は、ボディサイズがCX-3とCX-5の中間でも、デザインやメカニズムは刷新されているため、CX-3とCX-30を比べた場合、推奨度が高いのはCX-30です。基本設計が新しく、ボディサイズの拡大でCX-3の欠点とされる後席と荷室の広さも改善されているからです。

1/2ページ

最終更新:10/8(火) 20:19
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事