ここから本文です

トヨタ社長「車に留まらない挑戦」レクサス初のヨット「LY650」発売! 上質さと品質のフラッグシップ艇

9/20(金) 12:05配信

くるまのニュース

先進テクノロジーと職人技による上質さを兼ねそなえた「レクサス・ヨット」

 レクサス(LEXUS)は、ブランド初のラグジュアリーヨット「LY650」を世界初披露しました。

「お・も・て・な・し」感にあふれたレクサス初のヨット「LY650」を画像で見る(14枚)

 LY650は、2017年1月に発表された「レクサス・スポーツヨット コンセプト」の構想をもとに、独自のデザインと優れた航走性能、快適な空間を実現した全長65フィートクラスのヨットです。

 ラグジュアリーライフスタイルブランドを目指すレクサスが、海においても期待を超え、完成を刺激する唯一無二の体験をもたらすべく、最新テクノロジーと匠の技を融合。徹底的にこだわり抜く「クラフテッド」という思想を実現したフラッグシップ艇になります。


 丸みを帯びた船首や豊かなボリュームを強調した船尾に優美な曲線をもつ、いままでにない特徴的なデザインを実現。内装ではイタリアのヨットデザイン会社「Nuvolari Lenard」とのコラボレーションにより、先進的なデザインに加え細部まで作り込んだ居住空間を実現しているといいます。

 パフォーマンスにおいては、レクサスの追求する「すっきりと奥深い」航走性能を目指し、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)とGFRP(ガラス繊維強化プラスチック)を組み合わせた軽量・高剛性な船体を「Marquis Yachts」社と共同開発。安定した操縦性や優れた乗り心地を実現しているそうです。

 LY650の全長は19.94m、全幅は5.76m。エンジンは「ボルボ・ペンタ」製IPSシステムを2基搭載。高出力と低燃費の両立に加え、優れた航走安定性と操縦性を実現。また、ジョイスティック操舵、定点保持、オートフラップなど、充実した操船サポート機能を装備しています。

 燃料タンク容量は4012リッター、清水タンク容量は852リッター、客室数は3部屋でベッド6名に対応しています。

 販売開始は2019年10月30日。生産は「Marquis Yachts」社がおこないます。LY650生産にあたりTPS(トヨタ生産方式)を導入し、効率化と品質向上に取り組んだそうです。日本での販売は2020年からになりそうです。

 トヨタ自動車代表取締役社長、豊田章男氏は次のようにコメントしました。

「LY650は、ラグジュアリーライフスタイルブランドを目指すレクサスの、クルマに留まらない挑戦の象徴です。

 今回、トヨタマリンとMarquis Yachts社の合同チームでボートの製造現場にトヨタ生産方式を導入し、生産性と品質の向上を図り、レクサスの『クラフテッド』と呼ばれる思想をラグジュアリーヨットという形で具現化しました。

 先進的で高品質なLY650が、世界中の海でその美しい姿を披露することを、本当に楽しみにしています。私達は、モビリティカンパニーとして、海においても新しいモビリティの可能性を追求してまいります」

くるまのニュース編集部

最終更新:9/20(金) 12:05
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事