ここから本文です

アルバルク東京が渋谷でイベント開催。正中キャプテン「3連覇を目指すという素晴らしい戦いに臨めることがうれしい」

9/20(金) 21:30配信

バスケットボールキング

 9月20日、渋谷駅前、並びに渋谷センター街で「B.LEAGUE 2019-20シーズン開幕 アルバルク東京応援イベント」が行われた。A東京にとって10月5日にはリーグ3連覇を目指すシーズンがスタートするが、それを前に駆け付けたファンに元気な姿を披露した。

 冒頭、渋谷センター商店街振興組合の小野寿幸理事長は「先日のワールドカップに出場していた選手の皆さんお疲れさまでした。今シーズンもチャンピオンになって、またセンター街で皆さんと共にパレードしたいと思います」と激励。それを受けてトヨタアルバルク東京の林邦彦社長は「今シーズンもセンター街からシーズンを始められることに感謝しています。必ず3連覇をこの渋谷の地で皆さまにご報告できるよう、一丸となって頑張ります」とあいさつした。

 その後、ルカ・パヴィチェヴィッチヘッドコーチのあいさつの後、選手を代表してマイクを持ったのがキャプテンの正中岳城。「渋谷区、そして東京の皆さんとシーズン3連覇を目指すという素晴らしい戦いに臨めることをうれしく思います。ファンの方や地域の方のサポートに応えていくためにも、3連覇の道のりを戦い抜いていきたいと思います」と、ファンに誓った。

 パレードは渋谷ハチ公前広場をスタートし、渋谷スクランブル交差点を渡り、渋谷センター街(バスケットボールストリート)を選手とスタッフが徒歩で行われ、チームウエアやグッズを持ったA東京のファンが選手に声をかけたり、一緒にカメラに収まるなどして交流を深めた。アルバルクチアリーダーのパフォーマンスも披露され、週末のセンター街に訪れた多くの人々の注目を浴びていた。

 イベントの後、琉球ゴールデンキングスから移籍の須田侑太郎がメディア対応。「やはり東京は人が多いんですね。僕がこれまで所属していたところよりもやっぱり人が多いです」と率直な感想を述べた。東海大学在学時代もあまり渋谷に来なかったという須田は素直にびっくりしていた様子。さらに「ファンの方に声をかけていただき、いよいよシーズンが始まるという気持ちになりました。ご声援よろしくお願いします」とファンにメッセージを送った。

BASKETBALL KING

最終更新:9/20(金) 21:30
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事