ここから本文です

北村匠海と松坂桃李、浜辺美波の「山を平らにしたい」発言にタジタジ

9/20(金) 19:55配信

Movie Walker

「ソードアート・オンライン」シリーズの伊藤智彦監督による劇場版最新作『HELLO WORLD』の初日舞台挨拶が、9月20日にTOHOシネマズ日比谷で開催され、北村匠海、松坂桃李、浜辺美波、福原遥、伊藤監督が登壇。本作で声優に初挑戦した北村は、完成した本作に心から感動したそうで「初めて声優をやらせていただいた作品がこれで良かったなと」と手応えを口にした。

【写真を見る】浜辺美波の愛らしいワンピース姿の全身ショット

本作は北村たちの演技を先行して収録し、あとで映像を制作していくプレスコの手法が取られたため、北村は「完成までどんな画になるのかわからない状態でした。階段を着実に進んでいく感じを僕らは味わえました」と喜びをかみしめた。

松坂が「完成した作品を観た時、監督の脳内はこんな感じだったのかと。わあ、しまった!規模感が違ったと、あまりにもスケールの大きさに驚きました」と苦笑すると、北村もうなずき「敵がめちゃ多いとか」と笑った。

その後、映画にちなみ、主人公が使う特異な能力「神の手(グッドデザイン)」を使えるとしたらなにをしたいかについてクロストーク。北村は「なんでもできちゃう。僕がかねてから言ってたのは、ガンダムに乗りたいということ。それは揺るぎない」とコメント。

松坂は「取材とかだと、さんざん『エヴァンゲリオン』に乗りたいと言ってきたんですが、この感じで出すんだとしたら、やっぱり螺旋丸ですね」と『NARUTO』に登場する技を上げる。松坂が「劇中で出ていた10年後と10年前の“匠海”。あ、違う、匠海じゃない、直実のそういうシーンがあって」と慌てて訂正すると、北村は「取材でも“匠海”と言われて。ドキッとします。うれしいです」と笑顔で語った。

浜辺は「私はそんなに夢のあること、浮かばなくて」と言ったあと「マンションを立てて、下の階を売ろうかと思ったけど。やだ、良くない。お城にします」と、現実味溢れるコメントを披露。松坂が「グッドデザインって永続効果なんですか?」と尋ねると、伊藤監督は「どうなんでしょう?お城は壊れちゃうかもしれない」と答えた。

浜辺は続けて「山を平らにしようかな」と言うと、松坂は「どういうこと?」と頭をかしげる。伊藤監督が「土地を作り資産価値を上げるんですよね?」とうなずくと、北村は「着実にニュースになりますね」とタジタジだった。福原は「いつでもどこでも好きな食べ物を出したい」と答えた。

『HELLO WORLD』は、近未来の京都が舞台のSFアニメ。2027年、京都に暮らす内気な男子高校生・堅書直実(北村匠海)の前に、10年後の自分を名乗るカタガキナオミ(松坂桃李)が現れる。ナオミによると、直美は同級生の瑠璃(浜辺美波)と結ばれるが、事故によって瑠璃が命を落としてしまうと言う。(Movie Walker・取材・文/山崎 伸子)

最終更新:9/20(金) 19:55
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事