ここから本文です

【さくらシンデレラ インタビュー】365日の成長を毎日観てもらえるアイドル

9/20(金) 10:03配信

OKMusic

新宿と秋葉原に専用劇場を持ち、365日毎日公演をしているアイドル、さくらシンデレラ。新曲「ハロウィンモンスター」は、DA PUMPのTOMOが振り付けを担当した勝負曲! 彼女たちのとっておきの自己紹介とともにどうぞ♪

さくらシンデレラ インタビューのその他の写真

スベリ芸に鋭利なツッコミ…MCも毎日成長中!

──さくらシンデレラのことをよりみなさんに知ってもらえるように、このグループの長所ーさくらシンデレラのことをよりみなさんに知ってもらえるように、このグループの長所を教えてもらえますか?

美和:私たちには新宿と秋葉原に365日公演が観られる専用劇場があるんです。そこで毎日、日々の成長を感じてもらえるのが、他のアイドルさんとは違うところだと思っています。

大嶋:毎日内容が違うので、その日のステージは観逃したら一生観ることができないんです。そんな成長を感じてもらえるのはもちろん、気が向いた時にいつでもステージが観られるのは強みだと思っています。

桜瀬:365日公演をしているので、みなさんが学校や仕事などで疲れた時、お家に帰る前に寄っていただいたら、癒しになれるような存在になりたいと思っているんです。

双葉:さらに、事務所の中にいろんなユニットがあるので、1日でいろんな姿やライヴが観られます。それも私たちの強みですね。

渡辺:さくらシンデレラは研究生もいるので、ファンの方は本当にいろんな子たちを観ることができます。あと、毎日ステージを重ねているからこそ、外部のイベントに出た時も堂々としていられますね。

星野:専用劇場はライヴハウスくらいの小さな劇場なので、そこからメジャーデビューを果たして、さらに大きなところに羽ばたく姿を応援するのは、すごく楽しいと思うんですよ。きっと名前の通り、“シンデレラ”を観ている感覚になるんじゃないかなと。

南:毎日ファンの人に観てもらえるのは、すごく嬉しいですね。

藤咲:MCも毎日劇場公演があるからこそ日々勉強で。それに、直接足を運んでくれた方に直接お礼を言えるのはすごくいいなと思っています。

──MCはどう成長していきましたか?

美和:最初、本当にみんな何も話せなかったんですよ。でも、やっていく中でひとりひとりの個性が出てきたんです。栞ちゃんはスベリ芸ができたり、雫ちゃんは突拍子もないことを言い出したり…。

渡辺:スベっているつもりはないんですけどね!(笑)

美和:あとは、ひかりの鋭利なツッコミがあったり、その場の雰囲気がどんどん変わってきた気がします。大事なことは、もえきゅんやのんたんがちゃんと言葉をまとめて伝えてくれるので、とてもありがたいです。

大嶋:この面白さは劇場に来ないと分からないので、ぜひ遊びに来てもらいたいですね。

──さて、365日いつでも公演を観られるのはファンからすれば本当に嬉しいことですが、みなさんはすごく大変だと思うんです。そこに対してのモチベーションはどのように上げているんですか?

美和:どんなに疲れていてもステージに上がった時にみなさんの笑顔を見ると、すごく明るくなるというか、逆にパワーをもらえ、“もっと元気にしてあげたい!”って思えて。そこで相乗効果が生まれて、すごくいいパフォーマンスができるようになるんです。

──お客さんからやる気を吸い取っているのかもしれないですね(笑)。

一同:あはは。

美和:でも、その通りかもしれないですね(笑)。ファンの方と何気ない会話をさせてもらうんですが、そこで前向きな気持ちや言葉を掛けてもらえると“ステージに立って良かった”って思えるし、疲れも吹っ飛ぶんです!

夏生:でも、毎日ステージがあるからこそ、ルーチンワークになっては絶対に駄目だと思うんです。こういった取材などをさせてもらうこともモチベーションになりますし、頑張ったからこそ出演できるイベントもあるので、これからもいろんなことに全力で挑んでいきたいですね。

星野:あとは、帰りにタピオカを飲むのもモチベーションになっています(笑)。ちょっと値段が高いからこそ、ご褒美として飲めるので!

1/2ページ

最終更新:9/20(金) 10:03
OKMusic

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事