ここから本文です

バルサ、CLデビュー戦でハット達成のハーランドに関心か

9/20(金) 15:00配信

超WORLDサッカー!

バルセロナが、ザルツブルクに所属するノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(19)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。

ハーランドは、モルデを経て、今年1月にザルツブルクへ加入。5月に行われたU-20ワールドカップ(W杯)のホンジュラス代表戦で1試合9ゴールをマークすると、17日にはチャンピオンズリーグ(CL)のデビュー戦となったヘント戦の前半に大会史上3番目の若さでハットトリックを達成してみせた。

今シーズンの公式戦9試合で17ゴールと売り出し中のそんな新星FWに関して、バルセロナが目を光らせているという。また、スペイン王者では、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが32歳と年齢を考慮する時期に突入しているため、センターFWは補強ポイントの1つと指摘されている。

ただ、ハーランドにはマンチェスター・ユナイテッドも興味を示しているとの報道も…。そのため、ノルウェー代表FWには激しい争奪戦が予想されるが、どのような結末を迎えるのだろうか。

超WORLDサッカー!

最終更新:9/20(金) 15:32
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事