ここから本文です

台風17号:宮古島に暴風警報 あす朝にも沖縄本島に最接近

9/20(金) 17:10配信

沖縄タイムス

 気象庁によると大型の台風17号は20日午後3時現在、宮古島の南東約270キロをゆっくりした速さで北西へ進んでいる。宮古島地方に午後4時20分、暴風警報が発表された。沖縄本島地方も20日夜遅くに出る予定。

【気になる進路】3連休の日本列島を直撃か

 宮古島地方では20日夜遅くから、久米島、慶良間・粟国諸島では21日朝から暴風になる見通し。台風の進路によっては、沖縄本島や八重山地方でも21日にかけて暴風になる恐れがある。

 台風の中心の気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルで、中心の西側800キロ以内と東側650キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 台風は今後発達しながら北上し、21日朝から昼前にかけて沖縄本島地方と先島諸島に最接近する見通し。台風と高気圧の間の気圧の傾きが大きいため、沖縄地方では暴風域に入っていなくても暴風となる恐れがある。

 予想される20日の最大風速(最大瞬間風速)。沖縄本島地方20メートル(30メートル)、宮古島地方25メートル(35メートル)、八重山地方23メートル(35メートル)、大東島地方20メートル(30メートル)。

 予想される21日の最大風速(最大瞬間風速)。沖縄本島地方25メートル(35メートル)、宮古島地方30メートル(40メートル)、八重山地方23メートル(35メートル)、大東島地方20メートル(30メートル)。

 提供:台風17号の雲の様子(情報通信研究機構「ひまわりリアルタイムWeb」より)

最終更新:9/20(金) 18:55
沖縄タイムス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事