ここから本文です

松山東署誤認逮捕 科学捜査は「矛盾せず」 裏付け必要性指摘も

9/20(金) 9:20配信

愛媛新聞ONLINE

 タクシーから現金入りのセカンドバッグを盗んだとして松山東署が7月に愛媛県松山市の女性を誤認逮捕していた問題で、県警が行った3D画像撮影の女性の顔と車内のドライブレコーダーに映った女の顔との鑑定や、質問に対する生体反応を見るポリグラフ検査などの科学捜査から「女性が犯人だとしても矛盾しない結果」が出ていたことが、19日までに捜査関係者への取材で分かった。

愛媛新聞社

最終更新:9/20(金) 9:20
愛媛新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事