ここから本文です

新田真剣佑さんは「iPhone 11 Pro Max」派--ドコモが発売セレモニーを開催

9/20(金) 11:10配信

CNET Japan

 NTTドコモは9月20日、「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」の発売を記念したセレモニーを開催。テレビCMに出演する俳優の新田真剣佑さんも会場に駆けつけ、新型iPhoneの発売を祝った。

 同社代表取締役社長の吉澤和弘氏は、ドコモのネットワークを用いることで、iPhone 11 Pro/11 Pro Maxの2機種では、理論値での通信速度が国内最大となる受信時最大1388Mbpsを実現すると説明。それにより「dTV」「DAZN for docomo」などの動画配信サービスが視聴しやすくなり、「通信速度の高速化でますます快適さを感じていただけるのでは」と優位性をアピールした。

 さらに吉澤氏は、新料金プランの「ギガホ」「ギガライト」、そしてスマートフォンを購入しやすくする「スマホお返しプログラム」に加え、「下取りプログラム」を組み合わせることで、より一層新型iPhoneを購入しやすくなると説明。同時に発売される「Apple Watch Series 5」に関しても、同社のヘルスケアサービス「dヘルスケア」が利用できるほか、利用者に最大1500ポイントをプレゼントするキャンペーンの対象となるなど、サービスとの連携でお得に利用できることを強調した。

 同日のセレモニーには、ドコモのテレビCMに出演している新田真剣佑さんが登壇。新型iPhoneについては「心待ちにしていた、早く手に取りたい」と興味津々。特にディスプレイが大きく、トリプルカメラが搭載されたiPhone 11 Pro Maxの新色であるミッドナイトグリーンが気になるとのことだ。

 その後、朝8時の発売にあわせたカウントダウンや、最初の購入者に吉澤氏が新型iPhoneを手渡す“お渡しセレモニー”も実施。最初に購入した人は元々「iPhone 7」を使っていたそうで、今回思い切ってiPhone 11を購入したとのこと。「サッカーが好きなので、広角レンズを使って撮影したり、大画面で試合を視聴したい」と話していた。

 なお、ドコモの関係者によると、今回は3機種が同時に発売されたこともあり、当初の販売が伸び悩んだiPhone XRと比べると、iPhone 11の予約は好調に伸びているとのこと。また、発売当初はハイエンドモデルが多く予約されるという例年の傾向もあり、最も予約が多かったのはiPhone 11 Proだったという。

最終更新:9/20(金) 11:10
CNET Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事