ここから本文です

ファーウェイが新型アンドロイド端末発表、グーグルアプリ利用できず

9/20(金) 9:47配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)は19日、アンドロイド搭載のスマートフォン新機種を発表した。トランプ政権のブラックリスト入りで米企業との取引が禁止されて以来、上位機種の新製品発表は初めてだったが、米制裁の影響がまざまざと表れた。

ファーウェイはドイツのミュンヘンで発表会を行い、「メイト30」と「メイト30プロ」を披露した。消費者向け端末事業の最高経営責任者(CEO)を務める余承東(リチャード・ユー)氏は壇上で自信にあふれた様子を示し、今回の新製品は比類なきカメラ機能を備え強力な技術が詰め込まれると強調した。

ただ、米制裁の影響でグーグルと取引ができなくなり、今回の新製品には「グーグルマップ」や「ユーチューブ」、「グーグルプレイストア」などのアプリは搭載されない。メイト30プロはグーグルの使用許可を必要としないオープンソースのアンドロイドで動作する。しかしプレイストアの豊富なアプリが利用できず、必要最小限のアンドロイドでしかない。

余氏は発表会終了後に記者団に対し、消費者は一部のグーグルアプリをマニュアル操作で「サイドロード」するか、ウェブバージョンが利用できる場合はその使用が可能だと語った。

メイト30プロには、ファーウェイ子会社ハイシリコンが製造した次世代通信規格「5G」対応の新型プロセッサ「Kirin990」を搭載。中国移動(チャイナモバイル)のネットワークを使った5Gのダウンロード速度の試験では毎秒約1500メガビットと、米欧の固定インターネット回線で可能な速度の平均をはるかに上回ったという。

メイト30とメイト30プロは中国で来週、欧州では来月発売となる。価格はそれぞれ799ユーロ(約9万5000円)、1099ユーロ。

原題:Huawei’s New Android Phone Lacks Luster Without Google Apps (1)(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Nate Lanxon, Oliver Sachgau

最終更新:9/20(金) 9:47
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事