ここから本文です

水戸、西村卓朗氏がGMに「クラブをさらに『前へ』」

9/20(金) 11:07配信

ゲキサカ

 水戸ホーリーホック20日、強化部長を務めていた西村卓朗氏(42)がゼネラルマネージャー(GM)に就任することが決まったと発表した。同氏はかつて浦和、大宮、札幌に選手として所属した他、アメリカでプレーした経験も持つ。

 強化部長は16年から担当。沼田邦郎代表取締役はクラブの公式サイトを通じて「水戸ホーリーホックへの強い思いとこれまでの実績を踏まえ、より強化と経営を担っていただくことになりました。Jリーグを代表するようなクラブを共に目指し、今後の活躍を更に期待したいと思います」と伝えた。

 また西村GMは「自分ができる最大の努力をしてクラブ、地域、ファン、サポーター、水戸ホーリーホックに関わる多くの方々に貢献したいと思っております。前向きなクラブ、関係性の良いクラブ、誇りを感じられるクラブを目指していきます。『水戸らしさの追求』またクラブの理念、ミッションを念頭に置きクラブをさらに『前へ』進めていけたらと思っております。これからも引き続きよろしくお願い致します」と意気込みを述べている。

最終更新:9/20(金) 11:07
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事