ここから本文です

香川が意外な元ハリルJ戦士とツーショット投稿「早く見つかるといいな」とエールも

9/20(金) 13:23配信

ゲキサカ

 サラゴサに所属するMF香川真司が20日、SNSで意外な元日本代表選手とのツーショット写真を公開している。

 香川は自身のインスタグラム(@sk23.10)に同じく1989年生まれのMF加藤恒平と肩を組んだ写真を投稿し、先日2人でサラゴサで食事をしたことを報告。「とても優しい後輩で楽しい時間やった!」と綴り、現在は無所属の同選手に「まだチームが見つかってないけど早く見つかるといいな」とエールを送った。

 加藤はハリルホジッチ監督時代、17年6月シリーズの日本代表にサプライズ招集され、代表常連だった香川とともに活動を行っていた。

 千葉U-18出身の加藤は立命館大在学中、卒業を待たずに単身海外へ。アルゼンチンでプレーした後、2012年は町田に所属し、J2リーグ戦29試合に出場した。その後はモンテネグロ、ポーランドを経て、16年からはブルガリアのスタラ・ザゴラでプレー。18年3月にサガン鳥栖に加入し、6年ぶりのJ復帰を果たしたが、同年限りで退団。今年3月にポーランド3部のビジェフ・ウッチに加入したが、現在はフリーとなっている。

 加藤も自身のインスタグラム(@koheyfoot)に同じツーショット写真を投稿し、「久しぶりの再会。刺激と学びの時間。何から何まで、ありがとうございました!」と香川への感謝を伝え、 ハッシュタグをつけて「#待っててください#zaragozaで笑」と続けた。

最終更新:9/20(金) 14:33
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事