ここから本文です

槙野がルヴァン杯審判員への言動により出場停止処分、「場を和ますような形で言ったことが…」

9/20(金) 18:32配信

ゲキサカ

 Jリーグは20日、ルヴァン杯準々決勝第2戦での浦和レッズDF槙野智章の言動に対し、1試合の出場停止処分を下したことを発表した。対象試合は9月25日に行われる天皇杯4回戦・Honda FC戦となる。

 Jリーグ公式サイトでは処分理由について、9月8日に開催されたルヴァン杯準々決勝第2戦・鹿島アントラーズ戦での審判員に対する侮辱的言動を挙げている。一部報道では、槙野が新たに導入されたビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の運用に言及していたことが伝えられていた。

 規律委員会では槙野にヒアリングを行うなどの事実確認をし、日本サッカー協会の「競技および競技会における懲罰基準」に照らした結果、「審判員に対する侮辱又は公然の名誉毀損行為」に相当すると判断された。ただし、本来ならば2試合出場停止処分となるものの、ヒアリング内容から情状酌量の余地があることから1試合の出場停止処分となっている。

 浦和の公式サイトでは、槙野のコメントを掲載している。

「このたびは審判員の方をはじめ、チームやファン・サポーターのみなさんにご心配とご迷惑をおかけし、申しわけありません。親しい記者のみなさんとの間での会話という認識で、審判員の方への侮辱の意図はなく、場を和ますような形で言ったことが、結果的に記事になってしまいましたが、必要ない発言だったと反省しております。今後はこうしたことがないように気をつけていきます。次の天皇杯には出場できませんが、チームの力になれるよう全力を尽くします」

最終更新:9/20(金) 21:08
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事