ここから本文です

【FP2】レッドブル・ホンダとメルセデスは0.184秒差/F1シンガポールGP

9/21(土) 0:30配信

TopNews

2019年F1第15戦シンガポールGP(マリーナベイ市街地サーキット)が開幕し、フリー走行2回目が行われた。

●【FP2ハイライト動画】レッドブル・ホンダ、メルセデスと接戦/F1シンガポールGP

「シンガポールが初めて」というアレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)が、早速ターン10でブレーキングミスをしてウォールに真っ直ぐ突っ込んでしまった。アルボンはフロントウイングを失ってピットインする。

予選シミュレーションに入ると、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が1:38.957でトップに立つ。しかし、直後にルイス・ハミルトン(メルセデス)がフェルスタッペンを0.184秒上回る1:38.773をマークした。

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)はハミルトンから0.818秒差の3番手タイムにとどまった。その後は各チームともロングランを行っていたため、大きな順位変動はなかった。

このセッションのトップタイムはルイス・ハミルトン(メルセデス)、2番手はマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、3番手はセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)だった。

レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは5番手につけている。

トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは11番手、ピエール・ガスリーは2セッション連続となる10番手だった。

最終更新:9/21(土) 0:30
TopNews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事