ここから本文です

フロンティア 服薬管理システム開発 来月グループ施設に導入 誤薬防ぎ効率化へ貢献

9/21(土) 6:05配信

中部経済新聞

 介護事業を手掛けるフロンティア(本社名古屋市東区泉、原口秀樹社長)は、IT(情報技術)を活用して介護施設入居者の誤薬を防止する「服薬管理システム(仮称)」を開発し、10月からグループの介護施設に本格導入する。業務の効率化を図るのが狙いで、深刻化する人手不足に対応する。服薬管理のシステム化は中部では初めて。他の介護施設も効率運営が最重要課題となっており、外販も視野に入れている。

最終更新:9/21(土) 6:05
中部経済新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事