ここから本文です

役所広司&大泉洋ら豪華キャスト総出演!三谷幸喜監督作『清須会議』オンエア

9/21(土) 10:30配信

cinemacafe.net

先週より三谷幸喜監督作を連続放送中のフジテレビ系「土曜プレミアム」。9月21日(土)今夜は三谷監督が自身の小説を映画化、2013年に公開され大ヒットした『清須会議』を本編ノーカットでオンエアする。

【写真】役所広司、佐藤浩市、小日向文世『清須会議』

舞台演出家、作家、俳優、脚本家、映画監督と様々な顔を持つ三谷氏がメガホンをとった6作目となる本作。公開前年に発表された同名原作の映像化となり、天正10年(1582年)、安土桃山時代に実際にあった史実をベースにした物語となっている。


本能寺の変で織田信長(篠井英介)が死に、その後見に名乗りを上げたのが筆頭家老・柴田勝家(役所広司)と、のちの豊臣秀吉である羽柴秀吉(大泉洋)だった。勝家は信長の三男でしっかり者の信孝(坂東巳之助)を、秀吉は次男で大うつけ者とうわさされる信雄(妻夫木聡)をそれぞれ信長の後継者として推す。勝家、秀吉は2人とも信長の妹・お市様(鈴木京香)に思いを寄せていたが、お市は秀吉への恨みから勝家に肩入れする。一方秀吉は、軍師・黒田官兵衛(寺島進)の策で、信長の弟・三十郎信包(伊勢谷友介)を味方につけ、妻・寧(中谷美紀)の内助の功もあり家臣たちの心をつかんでいく。

そして勝家、秀吉に加え、勝家の盟友であり参謀的存在の丹羽長秀(小日向文世)、立場をあいまいにして有利な方に着こうと画策する池田恒興(佐藤浩市)も加わり、この4人による清須会議が開かれることに。繰り広げられる一進一退の頭脳戦、取り巻く全ての人々の思惑が猛烈に絡み合うなかで信長の後を継ぐのは勝家派か、秀吉派か――というストーリー。


勝家役には『三度目の殺人』『孤狼の血』などで幾度も日本アカデミー賞に輝く役所さん、秀吉役には『探偵はBARにいる』シリーズや先日放送終了した「ノーサイド・ゲーム」も好評だった大泉さん。

信孝役には『東京喰種トーキョーグール』シリーズの坂東さん、信雄役には『怒り』『ミュージアム』の妻夫木さん。お市には『ジャッジ!』の鈴木さん、官兵衛役には『エイプリルフールズ』の寺島さん、信包役には『翔んで埼玉』も話題となった伊勢谷さん。

長秀役には『アルキメデスの大戦』の小日向さん、恒興役には三谷監督最新作『記憶にございません!』にも出演する佐藤さんといった豪華キャストでお送りする。

三谷監督最新作『記憶にございません!』は現在絶賛公開中。

土曜プレミアム『清須会議』は9月21日(土)20時~フジテレビ系でオンエア。

最終更新:9/21(土) 10:30
cinemacafe.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事