ここから本文です

【RIZIN】朝倉海、堀口再戦への意志「まぐれだと言う人に、勝つところを見せる」

9/21(土) 12:48配信

イーファイト

 8月18日(日)の『RIZIN18』でベラトールとRIZINの世界バンタム級二冠王、堀口恭司(28=アメリカン・トップチーム)とRIZINで4連勝中と波に乗る朝倉海(25=トライフォース赤坂)が対戦し、多くが堀口の勝利を予想する中、朝倉が68秒でKO勝利。

【フォト】堀口が左に首を傾けたところをを狙い朝倉の右がクリーンヒット

 試合からおよそ1ヵ月経った、9月17日、朝倉をゴールドジムプレゼンツ・イーファイト月間ベストファイターに選び、改めて劇的勝利の“鍵”を尋ねると、朝倉は「やっぱりイメージトレーニングをすごくたくさんやってきたこと」と答えた。

「たとえば右が当たってから相手はこういう動きをする、そこで自分はこう動くとかを何回も何回もイメージしました。ジムに行く途中とか練習以外の時間にも。いざ試合でパンチが当たった瞬間に、想像ができていないと慌ててしまう。そういう状況にならず冷静に戦うためにも、あらかじめイメージすることが大事なんです」

 そのイメージの中には、「堀口が右を打つ時に左に首を傾けたところを狙う」や「タックル、クリンチを回避する」のほか、堀口のバックボーンである伝統派空手独特の「前手を払ってパンチを打つ」などもある。

 再戦については「今回の勝ちはまぐれだと言っている人もいたりするので、『もう一度勝てば間違いないでしょ? 何回やっても勝つんだよ』というのを、そういう人たちに見せられたらいいなと思います」

 再戦となれば、堀口陣営がスタンド、グラウンド両局面で策を練り「読まれずに読む」戦を仕掛けることは明白だ。だが、朝倉は「もともと全局面で勝負するつもりだったので、それこそ望むところ」と語った。
 試合後、タイトルマッチでの再戦を望んだ堀口に対し、朝倉も「もう一度戦うのが筋」と回答したが、1ヵ月を経た今、その意志はより強くなっている。
(取材・文 藤村幸代)

最終更新:9/21(土) 12:48
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事