ここから本文です

カピバラ、リスザル赤ちゃん公開 長崎バイオパーク

9/21(土) 11:15配信

長崎新聞

 長崎県西海市西彼町の長崎バイオパークでカピバラとリスザルの赤ちゃんが誕生し、かわいらしい姿が来園者を和ませている。

 カピバラの赤ちゃんは11日に誕生した。コナ(雄、5歳)とザボン(雌、7歳)の三つ子で体長約30センチ、体重約1キロ。性別はまだ不明という。普段は飼育用の柵の中で過ごしているが、来園者が少なく、赤ちゃんの体調が良ければ公開展示場に出ることも。ザボンの後をついて回ったり、授乳したりする愛らしい姿が楽しめる。

 リスザルの赤ちゃんも8月以降、12匹が生まれた。人工保育中の1匹を除き、園内のリスザルの森で公開中。木々を飛び回る親ザルの背中に、しっかりしがみついている。
 同園は「元気な姿を、ぜひ見に来てほしい」とPRしている。

最終更新:9/22(日) 11:27
長崎新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事