ここから本文です

志尊淳、イメージ戦略に興味なし「役ごとに違う顔」見せたい

9/21(土) 6:36配信

シネマトゥデイ

 これに対して志尊は、「僕をよく知る仲のいい友達からは、『お前、可愛い系俳優なんだって?』とイジられたりしますが(笑)、そのような世間の方の声も全く気になりません。それはあくまでも、作品を観ていただいたお客さんや視聴者の皆さんが決めることですから。僕はいただいた目の前の役を必死にやるだけ。『可愛い』と言われることに反発もないし、今回、ハードな不良役をやったからといって、これを機に『男っぽいイメージにシフトしよう』という考えもありません」とキッパリ。

 ただ、志尊なりの理想はある。「とにかく俳優である以上、『結局、志尊淳ってどんな人なの?』と言われるくらい、いろいろな顔を見せていきたいという思いはあります。作品ごとの顔があって、ちゃんとその役割を果たしたい。そのくらいの気持ちで作品と真摯に向き合い、臨んでいきたいと思っています」と目を輝かせていた。(取材・文:坂田正樹)

※高橋ヒロシの「高」は「はしごだか」が正式な表記

2/2ページ

最終更新:9/21(土) 8:25
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ