ここから本文です

ランボルギーニ ウラカンEVO に謎のエンジンカバー…670馬力の「ペルフォルマンテ」か!?

9/21(土) 8:00配信

レスポンス

ランボルギーニ『ウラカンEVO』をベースとした、謎の開発車両をカメラが初めて捉えた。

[関連写真]

一見現行モデルと変化はないようだが、よく見ると開発車両を示すナンバープレートを装着し、フロントスポイラーがテープで固定されている。またリアエンドでは、ウラカンとは異なる『アヴェンダドールS』風のエンジンフードが確認できる。これらのことからも、この車両がプロトタイプであることは間違いない。

スペイン語で「ハリケーン」を示すウラカンは、『ガヤルド』後継モデルとして2014年にデビュー。2016年に発表された『アヴィオ』、『スパイダー』を始め2WD仕様やRWDスパイダー、『LP640-4ペルフォルマンテ』など多数のバリエーションが発売されている。

2019年には空力性能を高めた改良新型を発表、「ウラカンEVO」としてデビューしたばかりだ。キャビン内には、8.4インチのインフォテイメントシステムを備えるモダンなインテリアを持ち、ダウンフォースが7倍、空力効率が6倍に改善されている。

今回捉えたプロトタイプは、そのEVOに設定されるとみられるハイパフォーマンスモデル、「ウラカンEVOペルフォルマンテ」の可能性が高い。現行EVOは、5.2リットルV型10気筒NAエンジンを搭載し、最高出力640ps、最大トルク600Nmを発揮する。一方ペルフォルマンテ仕様が発売された場合、最高出力は670psへ向上し、0-100km/h加速は2.9秒、最高速度325km/hを超えると予想されている。

EVO登場から間もないため、ペルフォルマンテが登場するとしても最速で2020年以降となるだろう。



《レスポンス Spyder7編集部》

最終更新:9/21(土) 8:00
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事