ここから本文です

【レッドブル・ホンダ】アルボン「予選2列目を目指す」クルマに慣れてリズムをつかめるか?

9/21(土) 12:19配信

TopNews

2019年F1第15戦シンガポールGP(マリーナベイ市街地サーキット)の初日を終え、アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)が次のように振り返った。

●【FP2ハイライト動画】レッドブル・ホンダ、メルセデスと接戦/F1シンガポールGP

■アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
FP1 1:41.467 5番手 24周
FP2 1:39.943 5番手 30周

「今日はいい出だしにはならなかった。タイヤは、特にロングランで少し問題があったんだ。だけど、僕は自分のパフォーマンスとクルマに慣れることにフォーカスしていて、フィーリングは良いよ。

今の僕にとって最も重要なことは、リズムをつかむことなんだ。ここは簡単なコースではないからね。

今日はコースオフしてしまったし、素晴らしいとは言えないね。プッシュしている時、タイヤをロックさせてしまい、バリアに当たってフロントウイングを失ってしまった。少し自信が無くしそうだったけど、その後のラップタイムは大丈夫だったよ。

僕はこのサーキットへは来たことはなかったけど、シミュレーターとすごくよく似てるんだ。このコースは、コーナーが多くてすごくテクニカルだから、1つのミスが命取りになるんだ。また、限界までプッシュしながら、スムーズなドライビングが求められる。

さらに、僕だけでなく、タイヤやブレーキもすべてがオーバーヒートになるから、熱対策などもチャレンジングになるだろうね。明日は、予選2列目を目指すよ」

最終更新:9/21(土) 12:19
TopNews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事