ここから本文です

濱口優&南明奈、結婚生活での“幸せ” 夫婦円満の秘訣も語る

9/21(土) 15:02配信

マイナビニュース

お笑いコンビ・よゐこの濱口優とタレントの南明奈が、9月7日にさいたまスーパーアリーナで開催された「マイナビ presents 第29回 東京ガールズコレクション 2019 AUTUMN/WINTER」(TGC)にシークレットゲストとして登場。和装で仲良くランウェイを歩いた2人は、会場から「おめでとう!」という祝福の声に満面の笑みを見せた。

【写真】『よゐこの無人島0円生活』で濱口優&有野晋哉と共演した南明奈

9月3日に東京ディズニーシーホテルミラコスタで挙式したばかりの2人は、まさに幸せオーラが全開。結婚後初の2ショットとなった濱口夫妻を直撃し、結婚式の裏話や、夫婦円満の秘訣について聞いた。

――TGCで夫婦そろってランウェイを歩いたご感想から聞かせてください。

濱口:まさか自分が、バラエティの取材でもなく、ちゃかしでもなく、マイナビウエディングさんのステージでランウェイを歩けるとは思ってもいなかったです。出る前は、歓声が上がるかな? とか、ドキドキするなあとか、マイナスなことばかり考えていたのですが、すごく温かく迎えてくれてありがたかったです。サプライズで、みなさんから「おめでとう!」を言ってもらえた時は本当に驚きましたが、めちゃくちゃうれしかったです。

――結婚してから生活は変わりましたか?

濱口:付き合っている頃から僕たちは外へも出かけていたので、そこはあまり変わらないですね。僕らではなく、周りが変わったと思います。お付き合いしている期間が4~5年と長かったので、周りにも知られていたけど、そのことについて触れていいのかわからなかったみたいで。ごはんを食べに行って個室に入ったりする時も、結婚前は店員さんが目を合わせない感じでしたが、結婚してからは「おめでとうございます!」とやっと声をかけてもらえるようになりました。

南:そうなんです。お店の方が、すごくお話をしてくれるようになりました。でも、結婚して1年半経ちますが、お互いには変わらないですね。

――結婚して良かった点を聞かせてください。

南:私は気持ちの上での安心感が違います。ずっと一緒にいてくれるので。これは男の人からすると「どういうこと?」と言われたりするんですが。

濱口:そのことは今、初めて聞きました!

――濱口さんはいかがですか?

濱口:僕たちは結婚してから一緒に住みだしたので、家に帰ってきた時、彼女がいてくれるのがうれしいです。「ただいま」と言うと「おかえり」という声が聞こえてくるので。洗濯物も気がつけば洗ってたたんでくれています。インスタで自撮り写真を載せると「最近、太ったんじゃないですか?」とよく来るので、これが幸せ太りかと(笑)。式前はぷっくりしすぎたので、必死に痩せました。

南:式に向けてね。私もお料理を少しヘルシー寄りにしました。

濱口:あるだけ食べてしまうから、キャベツにしてね、とか言ってたよね。

――ミラコスタでの結婚披露宴はいかがでしたか?

濱口:良かったですね。親とか親族が喜んでくれました。

南:楽しいし、幸せだし、本当に式を挙げて良かったなと思いました。親が思っていた以上に喜んでくれました。

濱口:明奈のお義父さんにはこれまでに何度もご飯を食べさせてもらっていますが、無口でおとなしいシャイな方なんです。そんなお義父さんが、最後は僕をハグしてくれて感動しました。

――結婚式の準備は2人でされたのですか?

濱口:2人でやりました。よく、準備中にけんかをするよと言われていたんですが、しなかったですね。むしろ準備も楽しかった。

南:とにかく来てもらう方に楽しんでもらいたいというのと、あまり大きすぎず、みんなの顔を見て話せる規模でやりましょうと。2人が描いていた理想の結婚式が同じでした。

濱口:僕たちはお互いにゲームが好きなので、誰がどこの席に座っていただくかというのをゲーム感覚で決めていって楽しかったです。

――結婚生活において、2人の間で何かルールを設けたりしていますか?

濱口:唯一言われたのは「開けたら閉める」という子どもみたいなことです。電気もつけたら消す。それくらいですね。

――付き合っている頃からケンカなどはしなかったのですか?

濱口:なかったですね。たとえば、僕は「うん? それは違うんじゃないか?」と思っても、すぐには言わないようにしているんです。それを1時間後に思い出して、やっぱり違うなと思ったら口に出しますが、別にいいか、たいしたことじゃないなと思うことの方が多いので。感情的にバーッと言っちゃうと、それが連鎖していくので、そこは心掛けています。

――結婚してから気づいたことなどはありますか? また、意外に思った点などがあれば教えてください。

濱口:めっちゃしっかりしてるなと思いました。結婚式の準備も、僕が忘れていたことを進めてくれていたりしたし。よく「アッキーナは偏食でしょ?」と言われるんですが、料理も一生懸命やってくれています。

南:(照れながら)料理教室に行っています。

――得意料理などはありますか?

南:一番喜んでくれたのはキンキの煮付けです。和食メインにしています。

――南さんは、結婚してから知った、濱口さんの意外な面はありましたか?

南:新たな発見というか、ありがたいなと思うのは、家事を丸投げしない点です。ごはんの後、どんなに疲れていても、食器洗いは絶対に一緒にやってくれます。私が泡担当で、彼が流す担当です。洗濯機も、自分で回してくれる時がありますね。

濱口:一人暮らしが長かったので。「出動してほしい時は言ってね」と言っています。まあ、よくできた子どもみたいな感じです(笑)。

――とても仲の良いお二人ですが、これだけは直してほしい点はありますか?

南:忘れ物が多いのと、あとは着ていく洋服について「今日のコーディネート、これでいい?」と毎日聞いてくるところですね。洋服は自分で決めてほしいかなと。

濱口:誰かにいいと言ってもらえないと不安なんです。おらんかったら自撮りして「これでいいですか?」と送るくらいですから。

南:お洋服は2人とも大好きなので、お買い物も一緒に行きます。ただ、すぐにペアルックふうにしようとするのがちょっと(苦笑)。私が赤いダウンを着たら「じゃあ、俺も」と赤を着るので、なんだかバカップルみたいになるから、ちょっと照れます。でも、そういうふうに2人で服を合わせてお出かけするのも楽しいかなと思います。


■濱口優(はまぐち・まさる)

1972年1月29日生まれ、大阪府出身。1990年、有野晋哉とお笑いコンビ・よゐこを結成。『いきなり!黄金伝説。』の素潜りで魚を捕るキャラクターで人気を博し、以降も数多くのバラエティ番組で活躍。最近ではよゐこの2人でYouTube「よゐこチャンネル」を開設し、活躍の場を広げている。


■南明奈(みなみ・あきな)

1989年5月15日生まれ、神奈川県出身。小学校6年生の時スカウトをきっかけに芸能界へ。中学校2年生でモデルデビュー。16歳の頃からはグラビアアイドルとしても活躍し、その後バラエティ番組を中心に“アッキーナ”の愛称でブレイク。さらにNHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』をはじめとする多数のドラマ・映画に出演するなど女優業にも精力的に挑戦している。私生活ではゲームをプレイしたり、大好きな女性アイドルの応援・追っかけをするなどオタクな一面も。

山崎伸子

最終更新:9/21(土) 15:02
マイナビニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事