ここから本文です

エリア51に侵入したオランダ人YouTuber、逮捕される

9/21(土) 20:01配信

ギズモード・ジャパン

炎上ではなく自爆したようです。

Facebookで持ち上がった、9月20日にエリア51に「エイリアンを見せて欲しい」と頼みに行くイベント「Storm Area 51, They Can't Stop All of Us」。以前にお伝えしたときは120万人以上が登録していましたが…現在は200万人が行くつもりで、150万人が興味あり、と凄い人気になっています。

空軍は武力行使も辞さない、という声明文を公表していましたが、その後どうなりましたか?と思ったら…。

今週ネバダ州警察は、通知を無視してエリア51近くの安全な政府サイトに不法侵入したとされる、YouTuberとその友人、合わせてふたりを逮捕しました。どちらもオランダ出身とのことです。

ナイ郡保安官事務所の発表では、オランダ国籍のYouTuber、Ties Granzier容疑者(20歳)とGovert Charles Wilhelmus Jacob Sweep容疑者(21歳)が、ネバダ州の国家安全保障施設に不法侵入した後、火曜日に逮捕された、と報じています。

報告書によると、ふたりは逮捕された時点でおよそ4.8kmほど敷地内に入っていたとのことです。

また警察によりますと、ふたりは敷地内への侵入を警告する標識を読むことが出来たにもかかわらず、「施設をもっとよく見たい」と当局に伝えたというのです。Granzier容疑者は自身の名前でYouTubeチャンネルを持ち、73万人以上のフォロワーがいます。そして保安官事務所いわく、彼は「自分はYouTuberだ」と話している、とのこと。

そしてふたりが車に搭載されていたカメラ機器の捜索に同意した後、保安官は制限された政府所有地に不法侵入してから録画された映像を発見しました。

イベントは中止された

この逮捕劇は、ネバダ州レイチェルで4日間を予定されたものの、キャンセルの可能性が示唆されていた「エイリアンストック」の、そのまた一部として行われるはずだった、不運なジョーク・イベント「Storm Area 51, They Can't Stop All of Us」敢行の1週間前に起こりました。

最近、交通の便の悪さと安全性が確保されなかったために中止となったイベント「Fyre Fest 2.0」のように、レイチェルでの「エイリアンストック」も同じことが起こるのではないか? と考えた発起人は、これも同じく中止にすることに。ですが代わりに9月19日に、ラス・ヴェガスのダウンタウンで別のイベントを開催すると発表しています。

1/2ページ

最終更新:9/21(土) 20:01
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事