ここから本文です

【速報】大坂なおみが第1セットを先取。第9シードのメルテンスとの準決勝

9/21(土) 16:32配信

THE TENNIS DAILY

「東レ パン・パシフィック・オープン」(日本・大阪/9月16日~22日/ハードコート)の大会6日目、女子シングルス準決勝で第1シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が第9シードのエリース・メルテンス(ベルギー)と対戦。第1セットは6-4で大坂が先取した。

【LIVE速報】大坂なおみ VS メルテンス

両者は過去に1度対戦しており、大坂が0勝1敗。大坂、メルテンスともに雨天順延の影響で、準々決勝を終えてのダブルヘッダーとなった。準々決勝後のインタビューでは「ローマでも2試合やったことがあるのでそれに似ています。それまでゆっくり休養を取ります」と語っていた大坂。見事にメルテンスを破り、昨年に引き続いて決勝進出を果たすことができるのか、期待がかかる。

第1セットは大坂のサービスゲームから始まった。第2ゲームでメルテンスの連続ダブルフォルトで0-40とブレークポイントを握った大坂だが、このチャンスを活かすことができない。

その後はお互いに一歩も譲らず、サービスゲームをキープし合う展開が続く。

そしてゲームカウント5-4で迎えた第10ゲーム。大坂が0-30とポイントリードすると、その勢いのままにメルテンスのサービスゲームをブレーク。6-4で第1セットを先取した。

試合は2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「東レ パン・パシフィック・オープン」での大坂なおみ
(Photo by Koji Watanabe/Getty Images)

(c)テニスデイリー

最終更新:9/21(土) 17:27
THE TENNIS DAILY

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事