ここから本文です

欅坂46、初の東京ドーム公演で披露された全楽曲を2万字で全力レポート! 「ガラスを割れ!」で既成概念を壊す幕開け【前編】

9/21(土) 9:20配信

ねとらぼ

 欅坂46が9月18日と19日に東京ドームにて「夏の全国アリーナツアー2019」の追加公演を東京ドームにて開催し、10万人の観客を熱狂させました。千秋楽で披露された全楽曲21曲の見どころを前・中・後編に分けた2万文字のレポートと、画像35枚でお伝えします。

【画像で見る:かっこいい平手友梨奈】

 8月16日のゼビオアリーナ仙台(宮城)を皮切りにスタートしたツアーでは、横浜アリーナ(神奈川)、大阪城ホール(大阪)、福岡国際センター(福岡)と、全国4都市で10公演を開催した欅坂46。全公演の完売を受けて追加公演として発表されたのは初舞台となる東京ドームで、ファンからも大きな注目が集まっていました。

影ナレ

 ライブの開催直前にメンバーから観覧の注意事項が読み上げられる、通称「影ナレ(※)」が恒例の欅坂46。東京ドーム千秋楽公演では、「本日は『欅坂46 夏の全国アリーナツアー2019 追加公演』にお越しいただき誠にありがとうございます。欅坂46の菅井友香です!」とキャプテンの菅井さんからまず元気なあいさつがあり、会場からは「おぉ~!」という大きな歓声が上がりました。続いて上村莉菜さんと原田葵さんからもあいさつと注意事項が伝えられ、集まった5万人の観客は「は~い!」と大きな声で返事をした他、会場が徐々に欅カラーである“緑”のペンライトで覆われていきました。

(※)影ナレ……開演前にメンバーがナレーションのみで注意事項を読み上げること。姿は見えないので“影ナレ”。

オープニング:平手友梨奈が現れたのは朽ち果てたものが集う場所

 オープニングに登場したのは丸襟に赤いリボンタイを合わせた制服姿の平手友梨奈さん。カラーコンタクトを入れた青い瞳が印象的です。平手さんが現れた場所は、動かなくなったメリーゴーラウンドの木馬、ジェットコースター、朽ち果てて蔦が絡みついている車など、世の中から必要とされなくなった物が集められたスクラップ置き場のようです。

 歩を進める平手さんが途中、何かを地面からすくい上げ、そのまま錆びた階段を昇っていくと、そこには1台のピアノが。平手さんが差し込んできた光に向かってゆっくりと手を上にあげるとその動きにリンクするかのようにピアノもゆっくりと上昇。静まり返る会場内に平手さんが「ラ」の音を響かせ、Overtureがスタートしました。

1/5ページ

最終更新:9/21(土) 9:20
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事