ここから本文です

欅坂46、初の東京ドーム公演で披露された全楽曲を2万字で全力レポート! 渡邉理佐・菅井友香・守屋茜・渡辺梨加の気球お手振りに会場がどよめく【中編】

9/21(土) 9:20配信

ねとらぼ

 欅坂46が9月18日と19日に東京ドームにて「夏の全国アリーナツアー2019」の追加公演を東京ドームにて開催し、10万人の観客を熱狂させました。千秋楽で披露された全楽曲21曲の見どころを前・中・後編に分けた2万文字のレポートと、画像35枚でお伝えします。

【画像で見る:欅坂東京ドーム公演(12枚)】

・【前編】:欅坂46、初の東京ドーム公演で披露された全楽曲を2万字で全力レポート! 「ガラスを割れ!」で既成概念を壊す幕開け

世界には愛しかない:ハーフアップ友梨奈ちゃんの登場にどよめく会場

 MCに続いて披露されたのは夏の定番曲「世界には愛しかない」。蝉の声や生活音、夏が来たと感じさせる演出の中、イントロが流れると会場からは一斉に地響きにも似た「わー!」の歓声が上がった他、客席が一気に青く染まっていくなか、セカアイ衣装のメンバーたちが笑顔を見せます。

 ここで会場を驚かせたのが、ハーフアップにヘアスタイリングを変更してきた平手さんの姿。冒頭ではカッコいい表情を見せていた平手さんが、ガーリーな友梨奈ちゃんに変化したことで撃ち抜かれたファンも多かったのではないでしょうか。

 「真っ白な入道雲が~」から始まるポエトリーリーディングの部分については「欅共和国2019」に引き続き、土生さんが担当。白地に黒の文字で紡がれるポエトリーリーディング部分の歌詞をバックに透き通る声でさわやかな言葉を紡ぎます。続く「複雑に見えるこの世界は~」の部分も、「欅共和国2019」に引き続き小林さんが担当。終始柔らかい表情を見せ、会場にも笑顔があふれます。

 鈴本さんのポエトリーリーディング部分からは傘を使ったパフォーマンスを披露。MVの世界観を踏襲した演出に胸が熱くなります。ファンから特に人気が高い「夕立も予測できない未来も嫌いじゃない」の部分は今回も菅井さんが笑顔で力強くに決めた他、鈴本さんとのペアダンスでも抜群のシンクロを見せました。

青空が違う:気球で登場したメンバーがファンに大接近

 続いては菅井さん、梨加さん、理佐さん、守屋さん青空とMARRYが歌う「青空が違う」。イントロ部分の「Hi Hi」のコールが大人気の楽曲ですが、気球に乗って登場した4人に観客はびっくり。「こっちだよ~」と菅井さんらが声を掛けると徐々に「Hi Hi」のボリュームが上がっていきます。

 理佐さん・守屋さんのペアは会場の下手から登場。理佐さんは手で双眼鏡を作って客席を見たり、気球の下にいるファンに身を乗り出して手を振ったりと大サービス。守屋さんも推しメンタオルを見つけては指をさしたり、バキュンなどのポージングを求められると応じたりと笑顔を見せていました。

 菅井さん・梨加さんのペアは会場の上手から登場。振りを交えながら、両手で手を振ったり、「良く見えるよ~!」と声を掛ける菅井さんは「声出して~!」とコールを先導。梨加さんはちょっぴり高いところが苦手な様子でしたが、それでもさまざまな方角へ手を振りながら笑顔。理佐さん・守屋さんペアの気球が会場の“まんなか”で近づくとお互いに手を伸ばしあうなど青マリの仲の良さにほっこりしました。

1/5ページ

最終更新:9/21(土) 14:48
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事