ここから本文です

ドラコン連覇の穴井詩が意識する飛ばしのポイントは? 始球式に登場の稲村亜美さんゴルフ版“神スイング”の自己採点は「79点!」

9/21(土) 18:51配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<デサントレディース東海クラシック 2日目◇21日◇新南愛知カントリークラブ 美浜コース(愛知県)◇6437ヤード・パー72>

試合とは違い皆リラックスムード 河本結、小祝さくらも笑顔満開

「デサントレディース東海クラシック」2日目のラウンド後に、毎年恒例のドライビング女王コンテストが開催された。

日本女子プロゴルフ協会(LPGA)が唯一公認する飛距離合戦が、“飛ばし自慢”の女子プロ14人によって、全組ホールアウト後の1番ティで繰り広げられた。そのなかで276.2ヤードを記録した穴井詩が優勝。大トリで登場し、昨年に続く2連覇を達成した。持ち球2球で行われた競技では、「てっぺんを目指します!」という宣言通りフルスイング。最後のボールが、その時点で1位だった葭葉ルミを抜き、女王の座を守った。

本戦ではトータルイーブンパーの62位タイで予選落ちとなったため、「タダでは帰れない」と臨んだ“試合”で、見事優勝賞金の50万円をゲット。そんな穴井は、飛ばしの秘訣について聞かれると、「クラブです!」と笑わせた後、こんなポイントを挙げた。

「腕を体の正面にしっかりと置いて、体の回転を意識する。振り遅れないようタイミングをしっかり合わせることですね。腕の位置がズレると振り遅れますからね」。

この意識で、ツアー屈指の飛ばし屋の座を守り続けている。「これは私の副業です(笑)。体がもつ限りは1位を狙います!」。最後には、さらなる連覇に意気込みを示した。

また、この日の始球式には“神スイング”でおなじみのタレント・稲村亜美さんが登場。バットをドライバーに持ち替え、ゴルフ番組の練習企画で鍛えたというスイングを披露した。「緊張しました。ダフッたら恥ずかしいな」という心配もあったが、しっかりとボールは前へ。惜しくもフェアウェイをとらえられず「記録なし」に終わったが、しっかりと会場を盛り上げた。

ゴルフ歴3年、最高スコアは『108』の稲村さんは、これまでの最高飛距離が「すべてのコンディションが整った状態で」270ヤード超と、飛ばし屋の素質も十分。「ゴルフ版“神スイング”は…79点です! 『飛ばしの稲村亜美』と言ってもらえるように頑張ります」と、今後さらに精進を積んでいく。(文・間宮輝憲)

【ドライビング女王コンテスト・成績と使用ドライバー&ボール】
■1位:穴井詩(276.2ヤード)
D:キャロウェイ『エピックフラッシュ サブゼロ』(8.5度)/ S:三菱ケミカル『テンセイ CK60 オレンジ』(45.25インチ、S)/ B:タイトリスト『PRO V1X』
■2位:葭葉ルミ(272.3ヤード)
D:ロッディオ『ロッディオ』(9度)/ S:三菱ケミカル『テンセイ CK60 オレンジ』(46インチ、S)/テーラーメイド『TP5X』
■3位:三浦桃香(264.0ヤード)
D:キャロウェイ『エピックフラッシュ サブゼロ』(10.5度)/ S:三菱ケミカル『テンセイ CK60 ホワイト』(45インチ、S)/ B:キャロウェイ『E・R・C』
■4位:山路晶(257.8ヤード)
D:テーラーメイド『M5』(9度)/ S:グラファイトデザイン『ツアーAD PT6』(44.75インチ、S)/ B:スリクソン『Z-STAR XV』
■5位:河本結(253.2ヤード)
D:キャロウェイ『ローグ』(10.5度)/ S:フジクラ『スピーダー569 EVOLUTION IV』(45インチ、S)/ B:キャロウェイ『クロムソフト』
■6位:原英莉花(253.1ヤード)
D:ミズノ『ミズノプロ』(8.5度)/ S:三菱ケミカル『テンセイ CK50 オレンジ』(46インチ、X)/ブリヂストン『TOUR-BX』
■7位:小祝さくら(250.6ヤード)
D:ダンロップ・スリクソン『Z785』(9.5度)/ S:フジクラ『スピーダー569 EVO VI』(45インチ、SR)/ B:ダンロップ・スリクソン『DDH TOUR SPECIAL』
■8位:イ・ミニョン(250.5ヤード)
D:テーラーメイド『M6』(9度)/ S:三菱ケミカル『ディアマナBF50』(45インチ、S)/ B:タイトリスト『PRO V1』
■9位:エイミー・コガ(249.0ヤード)
D:キャロウェイ『エピックフラッシュ』(8.5度)/ S:CRAZY『RD EVO』(45インチ、SX)/ B:タイトリスト『PRO V1X』
■10位:ぺ・ヒギョン(246.4ヤード)
D:キャロウェイ『エピックフラッシュ サブゼロ』(9度)/ S:フジクラ『VENTUS 5』(45インチ、S)/ B:キャロウェイ『クロムソフト』
■11位:服部真夕(237.5ヤード)
D:PING『G400』(9度)/ S:グラファイトデザイン『ツアーAD VR5』(45インチ、S)/ B:スリクソン『Z-STAR XV』
■記録なし:松田鈴英
D:ブリヂストン『JGR』(10.5度)/ S:フジクラ『スピーダー569 EVO V』(45.5インチ、S)/ブリヂストン『JGR』
■記録なし:渡邉彩香
D:ブリヂストン『TOUR-B』(9.5度)/ S:三菱ケミカル『ディアマナBF60』(44.75インチ、X)/ブリヂストン『TOUR-B』
■記録なし:野澤真央
D:ミズノ『ミズノプロ』(10.5度)/ S:三菱ケミカル『テンセイ CK60 オレンジ』(45インチ、S)/ B:スリクソン『Z-STAR XV』
■※稲村亜美 / D:テーラーメイド『M5』(10.5度)/ S:フジクラ『スピーダー569 EVOLUTION VI』(SR)/ B:テーラーメイド『TP5X』
※は始球式に登場。ドラコン用のセッティングもあり

(撮影:村上航)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:9/21(土) 18:51
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事