ここから本文です

<いだてん>ヒトラーとベルリン五輪、どう描いた トータス松本は「頑張れ」を1000回?

9/22(日) 6:00配信

まんたんウェブ

 宮藤官九郎さんが脚本を手掛けるNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第36回「前畑がんばれ」が9月22日に放送される。前週第35回「民族の祭典」で1936年のベルリンオリンピックが開幕。4年前のロサンゼルスオリンピックの雪辱を期す前畑秀子(上白石萌歌さん)が、悲願の金メダルを懸けて女子200メートル平泳ぎ決勝に挑むが、その一方で、ヒトラー率いるナチス・ドイツの存在もクローズアップされている。同回で演出を担当した大根仁監督に話を聞いた。

【写真特集】“ヒロイン”上白石萌歌のこん身の泳ぎが見られる! 緊張感みなぎる決勝のシーン… まーちゃんも「頑張れ」って言っちゃう!?

 ◇ベルリン五輪は“ナチスの大会” ドイツのヒトラー役俳優をオーディションで

 第二次世界大戦前夜、ドイツが威信を懸けて開催した1936年のベルリンオリンピック。その様子は記録映画「オリンピア」(邦題は「民族の祭典」ほか)として残され、ドラマ本編にも使用されている。

 大根監督は「ベルリンオリンピックというのは“ナチスの大会”と言われるくらいプロパガンダ色が強い大会。映像が鮮明に残っているのもこの大会からで、『民族の祭典』という映画にはヒトラーの姿がばっちり映っている。ただ、ナチスが牙をむく前なので、ヒトラーの演出をどうするかは悩みましたね」と話している。

 第36回にも登場する“独裁者”ヒトラーの印象は「ヒトラーの顔を知らない人はいないのではないかというくらい、強烈な存在」で、今回、演じる役者はドイツで活躍する「ヒトラー俳優」の中からビデオオーディションで選出した。

 ◇狙ったのは「人間・ヒトラー」 “まーちゃん”との共演シーンでは…

 「ヒトラー役をよくやっている役者さんが何人かいて。その方たちをビデオオーディションしまして、その中から選びました」と話す大根さん。

 その上で、「今の僕らの感覚で、“ザ・恐怖”の対象としてヒトラーを撮ればいいのかどうなのかっていうのが悩んだところ。この頃のヒトラーは国民から圧倒的な支持を得て、首相になった。だから悪魔のように描くのは違うんじゃないかって。当時の文献を読んだり、資料で調べたり、あとはナチスの監修者と話した上で、わりと血の通った、人間味が出るようにヒトラーを演出してみました」と振り返っている。

1/3ページ

最終更新:9/22(日) 6:00
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事