ここから本文です

オスカー女優ジェニファー・ローレンスが一般男性と結婚したワケは

9/21(土) 17:10配信

東スポWeb

 米オスカー女優ジェニファー・ローレンス(29)が、かねて婚約の噂があった一般人男性と結婚したと米紙ニューヨーク・ポストが今週速報した。ニューヨーク市役所で、結婚手続きをしている2人の姿が目撃されたという。

 同紙によると、ジェニファーと婚約者のクック・マロニー氏(34)は市役所で婚姻届を提出。カメラマンと友人が付き添っていた。マロニー氏はニューヨーク市内でアートギャラリーを経営する美術商で、ジェニファーの親友の紹介で昨年6月ごろに知り合ったという。2人は極秘裏に交際を進め、今年2月に婚約したと報じられた。

 そのジェニファーは今年6月、著名芸能リポーター、キャット・サドラーのポッドキャストでついに婚約者や交際について激白。マロニー氏と知り合ったころは結婚について全く考えていなかったが「クックと会って、彼と結婚したいと思った」と明かした。

「私たちは互いに『この人と結婚したい』と真剣に感じるようになった。今は(姓が)マロニーになるのをとても誇りに思っている」と語り、すでに結婚が近いことをほのめかした。

 ジェニファーといえば映画「世界にひとつのプレイブック」で米アカデミー賞主演女優賞をわずか22歳で受賞。翌年の「アメリカン・ハッスル」で同助演女優賞、2015年の「ジョイ」では同主演女優賞にノミネートされるなど、今や賞レースの常連。ハリウッドでも指折りの若手実力派だ。

 そんなジェニファーはこれまで、共演者や映画監督、ロック歌手など多くのセレブとの熱愛が報じられてきたが、米芸能ニュースサイト「E!オンライン」は「全て噂の域を出ず、ふたを開けてみれば事実ではなかった」と伝えた。

 同サイトなどによると、仕事はハリウッド女優でも、普段は地元の友人ら“普通の人たち”とのつながりを大切にしてきたジェニファー。そのなかでマロニー氏と知り合い、結婚に至ったのではと伝えている。

最終更新:9/21(土) 17:12
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事