ここから本文です

女性自認の学生入学可能に 宮城学院女子大、私立で初

9/21(土) 10:49配信

共同通信

 私立宮城学院女子大(仙台市)は21日、記者会見を開き、戸籍上は男性だが自分を女性と認識しているトランスジェンダーの学生の入学を2021年度から認めると表明した。文部科学省によると、私立大では全国初。国立のお茶の水女子大(東京都文京区)と奈良女子大(奈良市)が来年4月に受け入れを始めるほか、全国で追随する動きが出ている。

 宮城学院女子大によると、対象は学部生。強制的なカミングアウトを避けるため、出願時に性自認に関する診断書の提出などは求めず、入学後も基本的には大学への申告は課さない。

最終更新:9/21(土) 11:40
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事