ここから本文です

阪神・北條が勝ち越しの5号2ラン 力投の西を援護

9/21(土) 16:27配信

デイリースポーツ

 「阪神-広島」(21日、甲子園球場)

 阪神が八回、北條史也内野手の5号2ランで勝ち越しに成功した。

【写真】追いついたのはタナボタ…ジョンソン どこに投げるの?

 同点で迎えた八回。先頭の梅野が左中間への二塁打でチャンスメークした。続く西は犠打を試みたが、一飛となり好機を拡大できず。1死二塁で北條が打席に立った。2番手・菊池保が投じた初球、低めの変化球を強振すると、鋭い打球は左翼席前方へ着弾。8月17日・巨人戦(東京ドーム)以来、チーム26試合ぶりの一発で勝ち越しに成功した。

最終更新:9/21(土) 16:55
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事