ここから本文です

ソフトバンク・松田宣が2年連続30号 有原のカーブを左翼席へ

9/21(土) 16:48配信

デイリースポーツ

 「ソフトバンク-日本ハム」(21日、ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの松田宣浩内野手が自身2年連続となる30号を放った。

 七回2死だ。日本ハム有原の初球のカーブに反応。打球を左翼席中段まで運んだ。

逆転優勝を目指して戦うソフトバンクだが、劣勢の展開だった。先発の二保が3失点して四回途中にノックアウト。打線は六回まで内川が放った1安打のみと沈黙していた。

しらけムードが漂っていたスタンドを沸かせた元気者の松田宣の一発。「熱男ー!」のパフォーマンスも決めて場内を盛り上げた。反撃ののろしにしたいところだ。

最終更新:9/21(土) 16:59
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事