ここから本文です

大坂なおみ 2年連続決勝進出 1日2試合目も完勝「落ち着いてプレー」大会初Vへ

9/21(土) 17:00配信

デイリースポーツ

 「女子テニス・東レパンパシフィックオープン」(21日、ITC靱TC)

 準決勝が行われ、大会初優勝を狙う世界ランク4位の大坂なおみ(21)=日清食品=は、世界ランク24位のエリーゼ・メルテンス(ベルギー)に6-4、6-1で勝利した。2年連続での同大会決勝進出となった。

【写真】大坂なおみ 生足のぞくドレス姿で大阪凱旋

 試合後は「とてもいい選手なので苦労したけど、落ち着いてプレーできました」と振り返った。強力なサービスを効果的に使えていることに「サーブは大事なところなので、スタッツが上がってきているのはいいこと」と答えると、「ありがとうございました」と日本語で挨拶。大歓声を浴びていた。

 前日は雨のため準々決勝が順延。この日に2試合行う“ダブルヘッダー”となった。先に行われた準々決勝では過去3戦全敗の世界36位、ユリア・プティンツェワ(カザフスタン)と対戦し、6-4、6-4のストレート勝ちをおさめた。

 準決勝も安定した試合運びで、メルテンスを圧倒。ツアー大会の決勝進出は優勝した四大大会、今年1月の全豪オープン以来となる。

最終更新:9/21(土) 17:29
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事