ここから本文です

ソフトバンク 逆転V遠のく痛恨黒星 工藤監督「悪い方に出てしまった」

9/21(土) 18:45配信

デイリースポーツ

 「ソフトバンク1-8日本ハム」(21日、ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは本拠地最終戦でまったくいいところなく完敗。逆転Vの夢が大きく遠のいた。

【写真】工藤監督 選手交代も厳しい表情に

 この試合は数日前まで武田が先発予定だった。だが、右肘の違和感を訴えたために二保が代役を務めた。しかし、その二保は4回途中3失点で降板。その後、3番手で武田がマウンドに上がると、スタンドは歓声とどよめきが交錯した。

 武田は五回からの2回を打者6人で片づける好投を見せたが、1対3の八回から登板した5番手の加治屋が大誤算だった。3四球で2死満塁のピンチを背負うと平沼に痛恨の走者一掃3点二塁打を浴び、試合の大勢を決められてしまった。

 工藤監督は武田の起用については「中継ぎの経験がある。投げられないという状態ではなく、コーチも2回くらいならと言っていた」と説明。ただ、投手起用は裏目に出た。「ベストな選択をしたつもりだったが、悪い方に出てしまった」と表情は重たかった。

 残りはすべて遠征で5試合。ファンを前にしたセレモニーで「死にもの狂いで、一戦必勝の心を持って戦ってきます」と諦めない姿勢を力いっぱい示した。

最終更新:9/22(日) 0:08
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事