ここから本文です

楽天・藤田が値千金の一発 離脱中の渡辺直、岡島に感謝「カツを入れてもらった」

9/22(日) 0:01配信

デイリースポーツ

 「楽天6-1西武」(21日、楽天生命パーク宮城)

 楽天・藤田一也内野手(37)が、値千金の一発で、チームに勝利を呼び込んだ。

【写真】藤田 ベンチ前でナインとタッチ

 1点を追う八回。先頭打者として代打で登場。西武2番手・平井の内角直球を、右翼ポール際へと運ぶ同点の2号ソロを放った。「自分でもうまく打てた。切れるかなと思ったけど、うまく打てた分入ってくれた」と打球の行方を確認し、高々と右手を突き上げた。

 ここから打線がつながり、この回計6点を挙げて逆転に成功。CS出場を争う4位・ロッテが敗れたため、その差を1・5ゲーム差に広げた。

 この日は故障で離脱中の渡辺直、選手会長・岡島が、試合前のミーティングに参加してチームメートにゲキを飛ばした。「直人さん、岡島にカツを入れてもらった。悔しい思いをしている人たちの分も戦いたい」と藤田。まさにチーム一丸での逆転劇だった。

 平石監督も「言葉では言い表せない仕事をしてくれた」と絶賛。西武先発・今井に苦しめられていた展開を、ひと振りで変えた藤田の活躍に「一也がね。感動しました」と時折言葉を詰まらせ目を潤ませながら、ベテランの働きに感謝した。

最終更新:9/22(日) 0:10
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事