ここから本文です

永瀬廉、灼熱撮影でアイス差し入れ「楽しくなればいい」 人生初のお風呂シーンは「どこまで出ている?」

9/21(土) 16:11配信

オリコン

 人気グループ・King & Princeの永瀬廉が21日、大阪のカンテレ本社で行われたカンテレ・フジテレビ系スペシャルドラマ『FLY!BOYS,FLY! 僕たち、CAはじめました』(24日 後9:00)のトークイベントに参加した。

【写真】熱くドラマの見どころを語るKing & Princeの永瀬廉

 ドラマは、航空会社のキャビンアテンダント(以下、CA)を目指し、訓練生となった主人公・朝川千空(永瀬)が、同僚たちとともにさまざまな訓練を通じ、成長していく汗と涙と恋の青春物語。共演陣には、北村匠海、黒島結菜、岐洲匠、小越勇輝と同世代のフレッシュなキャストがそろった。

 トークイベントで進行を務めるカンテレの村西利恵アナから「お帰りなさい!」と迎えられた永瀬は「ただいま戻りました! やっぱり大阪は落ち着くし、謎の安心感があります。朝早くから集まっていただいて、ホンマにうれしいです!」と関西弁を交えてあいさつ。同席した萩原崇プロデューサーは「関西ジャニーズJr.にいたときから、かわいらしい人だと思って。年を重ね、舞台を観劇して、ステージがとても素晴らしく、ステキな人だなと思い、ご一緒したいと思ったんですよ」と6年ほど前に永瀬に一目ぼれし、キャスティングが実現したことを明かした。

 大型モニターに映し出されたドラマのシーン写真を見ながら、見どころや撮影の裏話などを聞いていくことに。今回、男性CAを目指す、空オタクの新人訓練生役・朝川千空を演じた永瀬は「台本を読んだときから、千空の真っすぐさが伝わってきました。自分が意識していないところで周りを変える力を持っている子やな~と思った」と役柄の印象を語った。

 さらに、永瀬は「ハードなスケジュールだったので、そんな中でこそみんなが楽しくなればいいな」と語り、「倉庫の中の撮影は熱かったのでアイスが必須でした!」と、アイスクリームやスイートポテトなどを差し入れしたエピソードを披露。一方、永瀬の素顔について、萩原Pは「愛されるというのはこういう人だと思った。同年代の共演者が多い中、一気に仲良くなってくれた。特にクランクイン2日目から男子4人は全然、大人の話を聞いてくれなかった(笑)」と暴露しつつも「その中心にいるのが永瀬くんで、北村匠海くんの“れんれん”って呼び方とか、愛している感が強かったですね」と永瀬の愛されキャラを改めて実感していた。男性CA訓練生とともに演じた4人について永瀬は「めちゃくちゃ波長が合って、ずっとしゃべっていました。クランクアップした日に、そのまま4人でご飯を食べに行きました」と仲良しエピソードを披露していた。

 続いて、モニターにはその3人とヒロインの高山つばさ役・黒島結菜から、サプライズコメント映像が。永瀬は「いつ撮ったの! スゲー!」とびっくりしつつも、北村からは「いつでも優しくて、誰にでもそのスタンスは変わらない。でも、一番体力があって、時間が経つにつれて元気になっていくのは、一番タチが悪い!」と暴露され、苦笑い。実は、男子4人の中では撮影中、ブームがあったそうで「亀田史郎さんがご飯を食べて“サイコー!”ってやるのを、みんなでものまねしていたんだけど、廉はまったくもって似ていなかった!」と北村から酷評され、タジタジに。すると、ものまねを会場で、生披露するおちゃめな素顔を見せた。

 また、共演者の印象について、永瀬は「真飛聖さんとキムラ緑子さんとのシーンでは、お2人からめっちゃイジられました」とにっこり。そのキムラ演じる千空の伯母・美智は、銭湯「べるさい湯」を経営しているが、そこに出て来る名物“バラ風呂”では、イケメン俳優たちのサービスショットも撮影され、永瀬は「ドラマで裸になったのは初めて。どこまで出ているんですかね?」と萩原Pに質問。すると「放送できるいい具合まで!」と萩原Pはにやりとしていた。

 『King & Prince永瀬廉、新人さんのお悩み相談はじめました!』では、新人CA役を演じた永瀬に、あらゆる業界の“新人”さんの悩みを解決してもらうことに。女子高育ちで、男性に免疫のないことを相談された永瀬は「意識し過ぎないで。大学で女友達を見つけて、その子の仲のいい男子としゃべっていくうちに慣れていけばいいんじゃないかな」と金言。また、人見知りだという永瀬が克服したコツを聞かれると「克服してないですよ。ドラマのクランクインのときは、みんながあいさつに来てくれるんですけど、気まずくて、気まずくて(笑)。それに人との距離感がおかしいらしく、匠くんからも(キンプリ)メンバーからも言われるんです」と明かしていた。さらに「僕は転校が多くて、小さいときは人と目を合わせられないくらい人見知りがヒドかった。でも、関西ジャニーズJr.に入って、ファンの方がいてくださって、自信ができたんです。自信を持てるものを作って、自分を愛して!」と実体験を交えながら、メッセージ。

 「昨日は何を食べましたか?」との質問に、「実は(西畑)大吾、正門(良規)、(大橋)和也としゃぶしゃぶを食べに行きました!」と関西ジャニーズJr.の先輩と同期との久々の再会を満喫したとか。「でもあいつら、物をせびってくるんですよ! キンプリやろ! なんか奢ってくれよって(笑)。でも、ほんとサイコーの夜でした」と最高の笑顔を見せた。

 また、永瀬の父親がヘリコプターのパイロットであることが明かされると、「忘れていたんですけど、記者さんからそのことを言われて、『俺のお父さんそうやったわ』って思い出しました」とコメント。カンテレ内部にいる永瀬の父親を知る人物によると「背が高くてめっちゃイケメン」との情報が。すると、「かっこいいと思います。子供のひいき目が入ってますけど」と鼻高々だった。

 最後に、永瀬は「僕が初主演を務めた『FLY!BOYS,FLY! 僕たち、CAはじめました』。スタッフさんはもちろん、僕ら共演者が全力で取り組んで作ったドラマです。何か新しいことにチャレンジしようと思っている方へのエールになる作品です。盛り上げてってくれたらうれしいです」と熱いコメントをともにイベントを締めくくった。

 イベント終了後の囲み取材に出席した永瀬は、関西の印象を改めて聞かれると「ジャニーズの活動を始めたのも大阪やったので、僕の中で関西は地元。だからこそ帰って来れてよかったです」と関西愛。 このドラマで「初主演をさせてもらって、経験値を積めたので、そこは成長の1つ。今まで演じさせてもらってきた役とは違う真っすぐな役、CAという新しい世界にも触れることができて、人間力も上がったと思います」と感慨を語った。ドラマの見どころについては「CAは女性社会なので、その世界で男子訓練生4人が、もがき、失敗を重ねながらも、それでも切磋琢磨していくということは、ほかの世界でもそういう状況があると思います。このドラマを見て共感しつつ、がんばろうと思える活力になったらと思います」としっかりアピールした。

最終更新:9/25(水) 22:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事