ここから本文です

【ヤクルト】16度目2ケタ失点で初の全11カード負け越し 満員の引退試合飾れず

9/21(土) 23:30配信

スポーツ報知

◆ヤクルト2―14中日(21日・神宮)

 ヤクルトは投手陣が振るわず、今季16度目の2ケタ失点で80敗目。館山、畠山の引退試合を白星で飾れず、史上初めて全11カードに負け越しが確定した。

 初回に館山が先頭の大島を打ち取ったものの、後を継いだドラフト1位右腕の清水がわずか4球で先制点を献上。3回には2本塁打を浴び、5点を奪われて降板した。

 救援陣も失点を重ね、大下は2失点、坂本は2失点、近藤は4失点。打線も村上の36号と青木の適時打の2点止まりだった。小川監督は「お客さんが入っているので申し訳ない。こんな試合をやってるようじゃダメですね」と指摘した。

最終更新:10/8(火) 9:53
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事