ここから本文です

白鶴酒造「ビールかけならぬ“まるかけ”」熱望…巨人5年ぶりVにファン歓喜

9/22(日) 6:05配信

スポーツ報知

 巨人の5年ぶりセ・リーグ優勝に、全国のG党が歓喜に沸いた。この日は5打数無安打に終わったもののシーズンを通じて活躍し、優勝への原動力となった丸佳浩外野手(30)をたたえる「丸ポーズ」が、主力商品「白鶴『まる』」のCMの“決めポーズ”と酷似している白鶴酒造(神戸市東灘区)は「このまま日本一になり、ビールかけならぬ“まるかけ”をしてほしい」と切望。また、巨人ファンが集まることで知られる川崎市幸区の居酒屋「野球酒場 ひらスタ」では、選手よりも一足先に「炭酸ファイト」で盛り上がった。

 「ビックリしたと同時に、『ヤッター』と思いました。うちのCMと同じだ、と」。

 1984年に発売された「まる」の開発に携わっていた白鶴酒造の取締役執行役員・西村顕さん(61)はある日、スポーツニュースの映像に目を奪われた。画面には、頭の上で両手を丸くした原辰徳監督が映っていた。

 今年、広島からFA入りした丸が活躍を決めた時にベンチが送る「丸ポーズ」は、阿部慎之助が始めたもの。俳優・矢崎滋(72)やTOKIO・城島茂(48)がCMで「まる~」の掛け声に合わせて取っていたポーズと同じだ。

 8月初旬、西村さんは球場を訪れて丸本人と面会した。「試合前でも丁寧に対応してくれ、好青年という印象を持ちました。『まる』のことは知ってくれていて『無断で(同じポーズを)使っていたんですが、いいんですか?』とおっしゃっていました。もちろん、オーケーです。ひそかに宣伝になっているかもしれませんから」と笑った。

 本社が神戸という場所柄、社内には阪神ファンが多い。それだけに西村さんは「堂々と『巨人が優勝して良かった!』と言うのはちょっと気が引けるところもあります」と言うが、「巨人は全国でファンが一番多いチームですから。『まる』も全国区で飲んでほしいという意味では同じですね」。自身も阪神ファンだが、丸が所属したからこそ、巨人の優勝は喜んでいるという。

 CS優勝、そして日本一を目指す巨人にとって、丸の活躍は必要不可欠だ。「一回でも多く『丸ポーズ』を見せてほしい。そして日本一になり、ビールかけならぬ『まる』かけをやってほしいですね」。西村さんは「声が掛かってもいいように『まる』を準備しておきます」と話していた。

最終更新:9/23(月) 17:23
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事