ここから本文です

大型で強い台風17号 広く影響 風や雨のピークは

9/21(土) 16:53配信

tenki.jp

台風17号は大型なため、台風から離れている地域でも風が強まるでしょう。湿った空気も流れ込み、激しい雨の降る所もありそうです。各地の風や雨のピークをまとめました。

台風17号の進路

大型で強い台風17号は、このあと東シナ海を北上し、あす(22日)は対馬海峡を通り、日本海を北上するでしょう。その後、日本海を北東へ進み、温帯低気圧に変わるもののあまり勢力を落とさずに23日(月)から24日(火)に北日本に接近する恐れがあります。

今回の台風は「大型」で強風域が大きいのが特徴です。このため、台風から離れた地域でも風が強まる恐れがあります。また、暖かく湿った空気も流れ込むため、広く大気の状態も不安定になるでしょう。

各地の警戒・注意ポイント

【沖縄】今夜(21日)9時頃まで暴風に厳重な警戒が必要です。猛烈なしけや大しけの状態はあす(22日)まで続く予想です。海岸付近には近づかないようにして下さい。あす(22日)も大気の不安定な状態が続き、激しい雨の降る所があるでしょう。

【九州】南部はあす(22日)の昼頃から、北部は夕方から夜遅くにかけて台風が最も接近する予想です。あす(22日)は暴風が吹き荒れるでしょう。交通機関への影響にも注意が必要です。カミナリを伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる恐れもあります。

【中国】あさって(23日)の午前中に台風が最も接近する予想です。あす(22日)は風が強まり、あさって(23日)は山陰を中心に非常に強い風が吹き、大しけとなる見込みです。暴風や高波に警戒が必要です。あす(22日)は大気の状態が非常に不安定でカミナリを伴った激しい雨の降る所もあるでしょう。

【四国】あす(22日)からあさって(23日)は大気の状態が非常に不安定になるでしょう。あす(22日)昼過ぎからは激しい雨が降りそうです。風も強まり、横殴りの雨の所もありそうです。

【近畿】あす(22日)の昼頃からあさって(23日)にかけて断続的に雨が降るでしょう。風も強まり、横殴りの雨になる所もありそうです。傘があおられないようお気をつけ下さい。

【北陸】台風はあさって(23日)に接近する予想です。あさって(23日)は風が強く、沿岸部を中心に横殴りの雨となるでしょう。海上は大しけとなる見込みです。

【東海・関東】あす(22日)からあさって(23日)にかけて断続的に雨が降りそうです。一時的に雨脚の強まる所もあるでしょう。台風15号ほどではないですが、沿岸部を中心に風も強まりそうです。千葉県など台風15号の被災地でも雨や風が強まるため、復旧作業は十分な注意が必要です。

【東北・北海道】北海道を中心にあさって(23日)頃から24日(火)にかけて大荒れの天気となる恐れがあります。暴風や高波に警戒が必要です。果物の落下などの被害などにも注意が必要です。活発な雨雲がかかり、大雨となる恐れもあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水にも注意が必要です。

なお、この情報は21日午後の資料をもとに作成しています。台風の進路によっては、ピークが変わる可能性がありますので、最新の台風情報を確認して下さい。

日本気象協会 本社 吉田 友海

最終更新:9/21(土) 16:53
tenki.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事