ここから本文です

【バドミントン・中国OP】日本勢は男女シングルス、女子ダブルスでベスト4進出!

9/21(土) 7:50配信

バド×スピ!/バドミントン・マガジン

9月20日、バドミントンのBWFワールドツアー、中国オープン(中国・常州)は大会4日目。各種目準々決勝が行われ、日本勢は男女シングルスと女子ダブルスで、ベスト4に進出した。

男子シングルスでは、世界選手権2連覇中の桃田賢斗(NTT東日本・世界ランク1位)がベスト4進出。常山幹太(トナミ運輸・同17位)との日本人対決を、2-0で制した。女子の高橋沙也加(日本ユニシス・同16位)は、世界ランク上位のタイ選手に2-1で逆転勝ち。準決勝へと勝ち上がった。

女子ダブルスは、世界ランク2位の福島由紀/廣田彩花(アメリカンベイプ岐阜)、同3位の高橋礼華/松友美佐紀(日本ユニシス)が、そろって勝利。21日の準決勝で直接対決することになっており、日本勢の決勝進出は確定した。

バドミントン・マガジン編集部

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事